トヨタ、自動車ビジネスに於ける共創型・新規事業プランの公募を開始


オープンイノベーションプログラム「TOYOTA NEXT」、12月7日(水)よりTOYOTA NEXTサイトで募集開始

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田章男、以下 トヨタ)は12月7日、東京・新宿区に於いて記者会見を開き、オープンイノベーションプログラム「TOYOTA NEXT」の開始を宣言した。

これは、同社の募集テーマに沿う新たなサービス案を、他企業・他の研究機関等から募集・選考し、その後、選定した先と新たなサービスを共同開発していくというもの。

現在、日本では少子高齢化、都市部への人口集中、地方の過疎化の他、ITやテクノロジーの発展など、ビジネス環境に関わる環境面で様々な変化が起こっており、企業としては、そういった環境の中で多様化していく顧客ニーズに幅広く捉え、それらの動きに機敏に対応していくことが求められる。

そうしたなか、トヨタは「TOYOTA NEXT」を通して、従来の自前主義に囚われることなく、提案者並びに法人規模の大小問わず様々な企業や研究機関等がもつ新しいアイデア、テクノロジー、ソリューションを探し求めている。

そこで、すでに魅力あるサービスを開始している事業を含めて、それらをベースに新たなサービスを共同開発・共創していくことを目的とした同プログラムの募集を開始した。

具体的には、「全ての人の移動の不安を払拭する安全・安心サービス」「もっと快適で楽しい移動を提供するクルマの利用促進サービス」など、国内の自動車ユーザーを対象に、この先の未来を見据え、もっとワクワク、ドキドキする体験機会を提供できるソリューションを求めていると云う。

この際に、同社がマストに据えるのは、『人を中心とした』様々なサービスであること。トヨタでは、そうした新たなソリューションを共同開発し、場合によっては同社のディーラー網も巻き込み、2017年以降に順次展開する予定を立てている。

上記プログラム並び募集要項の概要は以下の通り。

TOYOTA NEXT(オープンイノベーションプログラム)概要

  • 募集期間 :2016年12月7日(水)~2017年2月20日(月)
  • サイトURL : 
  • 募集テーマ :
    – 全ての人の移動の不安を払拭する安全・安心サービス
    – もっと快適で楽しい移動を提供するクルマの利用促進サービス。
    – オーナーのロイヤルティを高める愛車化サービス。
    – トヨタの保有するデータを活用したONE to ONEサービス
    – 全国のトヨタ販売店を通じて提供するディーラーサービス
    – 上記いずれにも当てはまらない革新的なサービスも応募可能。
  • 応募資格 :
    – ビジネス利用が見込める革新的な技術やソリューション、サービスの開発を行っている技術者や研究開発者などの個人、および大学や企業などの団体。
    – 日本語での応対ができれば、応募者の年齢は問わない。
    – 技術や研究開発をしている個人や、応募時点で法人化されていない団体・チームでも応募可能。
    – 企業様ではベンチャー・中小企業から大企業まで全てが応募可能。
  • トヨタが提供可能なアセット :
    (1)ビッグデータ
    – コネクティッドカーから取得可能な情報。
    (2)タッチポイント
    – ディーラーネットワーク網。
    – オウンドメディア(toyota.jp/LINEアカウント/メールマガジン等)。
    (3)製品/サービス
    – スマートキーボックス(スマートフォンで鍵の開閉等ができる装置)。
    – トランスログ(法人のお客様向け車両運行管理サービス)。
    – i-ROAD(パーソナルモビリティ)。
    – T-Connect(ナビ等を利用した通信サービス)。
    – TCスマホナビアプリ(スマホを利用したナビサービス)。
    – 上記に加え、トヨタの商品ラインアップ(クルマ/アクセサリー)も活用可。
    – 上記アセットは、検討の前提として提示するものであり、サービス実現のための提供可否は別途相談する。
  • 応募条件 :
    – トヨタとの協業やシナジーが見込めること。
    – TOYOTA NEXT選考中および選考後に、トヨタとの共創に向けた取り組みの実現に向けてリソースを割けること。
    – 中長期的にトヨタとの資本提携や業務提携などの提携を前向きに検討できること。
    – 提出する資料関係やプレゼンテーション等は日本語を使用すること。
    – 事業内容が公序良俗に反していないこと。
  • 選考フロー :
    – 書類応募(2月20日まで)
    – 書類審査(2月下旬)
    – 一次選考(3月中)
    – 二次選考(4月~6月)
    – 最終選考(7月中旬を予定)
    – 選定企業決定(7月下旬)
    – 開発、サービスリリース(8月以降)
    – 選定企業の数は現時点では未定。
レイ イナモト氏(Inamoto & Co. 共同設立者 クリエイティブディレクター)
佐々木智也氏(株式会社デジタルガレージ 執行役員SVP)
  • 選考予定メンバー :
    – 友山茂樹(トヨタ自動車株式会社 専務役員)
    – 佐藤康彦(トヨタ自動車株式会社 常務役員)
    – 村上秀一(トヨタ自動車株式会社 常務役員)
    – レイ イナモト(Inamoto & Co. 共同設立者 クリエイティブディレクター)
    – 佐々木智也(株式会社デジタルガレージ 執行役員SVP)
    – TOYOTA NEXT事務局(トヨタ自動車株式会社/Open Network Lab)
    – 他数名の有識者を予定。
  • 選考パートナー企業 :
    – Inamoto & Co.
    (TOYOTA NEXTクリエイティブ統括・選考サポート)
    – 株式会社デジタルガレージ/株式会社DGインキュベーション
    (TOYOTA NEXT運営事務局・選考サポート)

  • 注意事項 :
    – トヨタはサービス開発にかかる費用(全額または一部)を負担し、得られた成果物(知的財産・技術・ノウハウ)は選定企業・トヨタ双方に帰属する。
    – 選定企業とトヨタはともに無償で成果物を利用することができる。
    – 全ての成果物の内容は秘密として取扱う(秘密保持期間は別途)
    – ただし、以下の場合は別途個別に協議を行う。
    – トヨタがサービス開発にかかる費用を全額負担する場合。
    – 相手方の知的財産・技術・ノウハウを利用する場合。
    – トヨタが選定企業に出資する場合。
    – 選定しなかった応募企業のアイデア、コンセプトを無許可で使用することはない。
    – 審査内容の詳細・結果に関して個別の問い合わせには回答しない。
    – 応募にかかる費用は応募者が全て負担となる。
    – 期間中に公序良俗に反する行為があった際は、採択を取り止める。
    – 第三者の著作権などの知的所有権を侵害していないか、事前に確認されたい。
    – 他社から出資を受けている場合も応募可能。但し出資元に承諾を得ること。

パートナー会社概要
Inamoto & Co.(イナモト・アンド・カンパニー)
デザイン、データ、テクノロジーを軸に、新しい事業領域を開拓することを目的にしたビジネスインベンションスタジオ。

Creativity誌「世界の最も影響のある50人」、Forbes誌「世界広告業界最もクリエイティブな25人」の1人に選ばれたレイ・イナモト(Rei Inamoto)が欧米大手のエージェンシーR/GAやAKQAでのクリエイティブ最高責任者を経て、レム・レイノルズ(Rem Reynolds)とともに2016年春に会社を創設。

ニューヨークを拠点に世界のブランドのイノベーション・コンサルティングを行いながら、自社内でもプロダクツ、サービス開発も行っている。
Inamoto & Co. 会社HP: 

株式会社デジタルガレージ/株式会社DGインキュベーション
デジタルガレージは1995年の設立以来、インターネットサービスにおける投資・育成支援事業、マーケティング事業、グローバルオンライン決済事業の三つの事業を軸に展開。

常に時代を先取りしながらインターネットの成長と共に歩み、2016年5月に東証第一部に上場し、現在は人工知能やブロックチェーン、VR等の次世代へ続くビジネスに取り組んでいる。

DGインキュベーションは、DGグループが持つ国内外の圧倒的なネットワークを生かし、幅広い企業への投資および成長支援を行っており、TwitterやLinkedInなどに対し日本でのビジネス展開を支援した実績がある。

また、「グローバルで活躍するスタートアップ企業の育成」を目的に、2010年4月にOpen Network Labをスタート。

Open Network Labは、公募選抜制のシードアクセラレータープログラムなどを行う「インキュベーション」、シリコンバレーなど海外で活躍するスタートアップとのミートアップやスペシャリストを招いた講演などを行う「イベント」、それらの活動から形成された「コミュニティ」を通じて、スタートアップの育成・支援を行っている。

デジタルガレージ 会社HP: 
DGインキュベーション 会社HP: 
Open Network Lab HP: