トヨタ自動車、アルファード・ヴェルファイア改良。第2世代の予防安全パッケージ搭載


トヨタ自動車株式会社(本社 : 愛知県豊田市、代表取締役社長 : 豊田章男)は、アルファードならびにヴェルファイアをマイナーチェンジし、アルファードは全国のトヨペット店、ヴェルファイアは全国のネッツ店を通じて、2018年1月8日から発売する。

今回のマイナーチェンジでは、第2世代を迎えた予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備した。

これは単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、自転車の運転者や夜間の歩行者も検知可能な「プリクラッシュセーフティ」の他、レーダークルーズコントロール作動時に車線維持に必要な運転操作の支援を行う新機能「レーントレーシングアシスト(LTA)」も搭載した。

さらに、リヤクロストラフィックアラート(RCTA)やブラインドスポットモニター(BSM)を新設定している。

デザイン上は、エクステリアでヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパー、バックドアガーニッシュ、リヤコンビネーションランプを意匠変更。インテリアはメーター加飾やシート表皮、木目の色を変更し、高級感をさらに高めたとしている。

またエアロ仕様として、ゆとりのセカンドシートを備える最上級グレード「Executive Lounge S」をアルファードに、「Executive Lounge Z」をヴェルファイアに設定した。価格は3,354,480円から7,508,160円。

併せてウェルキャブ(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同様の改良した。価格は3,571,000円から5,632,000円。

販売概要
販売店 アルファード 全国のトヨペット店 ヴェルファイア 全国のネッツ店
月販目標台数 アルファード 3,600台 ヴェルファイア 4,500台
店頭発表会
2018年1月20日(土)、21日(日)

アルファード 車両情報 : 
同ウェルキャブ車両情報: 

ヴェルファイア車両情報: 
同ウェルキャブ車両情報: