トヨタ自動車、「もっといいクルマづくり」のための“5大陸走破プロジェクト 第3弾”を南米で開始

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

toyota-motor-corporation-started-in-south-america-the-five-continents-off-road-project-3rd-for-better-car-manufacturing20160823-4

「道が人を鍛える。人がクルマをつくる」持続的成長に向けた「人づくり」を一層推進

トヨタ自動車株式会社(本社 : 愛知県豊田市、社長 : 豊田 章男、以下、トヨタ)は、2014・15年に続いて、第3弾となる“5大陸走破プロジェクト”を南米で8月22日(現地時間)に開始したと発表した。

toyota-motor-corporation-started-in-south-america-the-five-continents-off-road-project-3rd-for-better-car-manufacturing20160823-3
2014年 豪州走破

日本と現地事業体の従業員約110名が協力しながら、約3か月半にわたり、南米大陸の多様で厳しい道を走破。従業員自らがステアリングを握り、走行するという現地現物の経験を通じて、「もっといいクルマづくり」を担う人材の育成を目的としている。

トヨタは2014年に豪州で5大陸走破プロジェクトの第1弾を開始。従業員80名が世界の様々な道が凝縮されていると言われるオーストラリアの砂漠や悪路が続く過酷な道を約20,000km走破し、テストコースでは得ることのできないクルマづくりの数々のヒントを得た。

toyota-motor-corporation-started-in-south-america-the-five-continents-off-road-project-3rd-for-better-car-manufacturing20160823-2

2015年には、北米で第2弾を実施し、トヨタ従業員140名が約28,000kmの道を走破。夏季と冬季に分けて実施することで、デスバレーなどの酷暑地やアラスカ・カナダの寒冷地など、厳しい走行環境下でクルマに求められる性能や水準を学んだ。

第3弾となる今回の南米大陸走破では3チームに分かれ、計7か国で約20,000kmを走破する予定。

いくつもの国境を越える中で、多様な文化、風土を肌で感じながら、熱帯の泥濘路や標高4,000m以上の高地山岳路を走行するほか、強い横風が吹く道での高速走行などを実施。

toyota-motor-corporation-started-in-south-america-the-five-continents-off-road-project-3rd-for-better-car-manufacturing20160823-6
2015年 北米走破

また、世界一過酷なモータースポーツと言われるダカール・ラリーのコースにもなっている砂丘やワジ(涸(か)れ川)なども走行し、厳しい環境を走り抜くなかで、参加メンバーの「もっといいクルマづくり」の感性を磨いていく。

同社の豊田章男社長は「自らステアリングを握り、さまざまな道と対話する現地現物の経験の中で、感じたことや考えたことが、『もっといいクルマづくり』のヒントになる。

今回の南米走破は国や地域によって『道が変わる』だけでなく、『気温や高低差が変わる』クルマにとってもドライバーにとっても数多くの困難に直面するプロジェクト。さまざまな壁を乗り越える中で、それぞれの感性を磨いてきてほしい」と述べた。

南米走破プロジェクトの概要
走行日程:8月22日(月)~約3か月半
ルート:下記7か国/総計約20,000km
チーム1:8月22日~9月中旬でブラジル、パラグアイの未舗装路や泥濘路を走破 チーム2 9月下旬~10月下旬でチリ、ペルー、ボリビアのアンデス山脈(高地山岳路)を縦断 チーム3 11月上旬~12月上旬でアルゼンチン、ウルグアイの高速道路や高地山岳路を走行
走破車両:現地生産車(ハイラックス、フォーチュナー、エティオスなど)を中心として、チームごとに9台
人員:日本、および現地事業体の従業員からなる約110名