トヨタ自動車、「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」をマイナーチェンジ


トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田 章男、以下トヨタ)は、ヴォクシー、ノア、エスクァイアをマイナーチェンジし、ヴォクシーは全国のネッツ店、ノアは全国のトヨタカローラ店、エスクァイアは全国のトヨタ店ならびにトヨペット店を通じて7月3日に発売した。

ノア

今回のマイナーチェンジでは、それぞれの個性をより際立たせたエクステリアへと意匠を変更。

ヴォクシー

具体的には、Bi-Beam LEDヘッドランプと、面発光のLEDクリアランスランプの採用や、フロントグリルとリヤコンビネーションランプの意匠変更などにより、ヴォクシーはスポーティさを、ノアは精悍さを、エスクァイアは高級感をより高めた堂々としたスタイルへと進化した。

ヴォクシー

また、センターコンソールボックスや、助手席シートバックテーブル、充電用USB端子などの室内装備を拡充させた。

ノア

さらに、スライドドアにシールを追加し遮音性を向上したほか、ボディ剛性の見直しやショックアブソーバーの改良により静粛性や乗り心地を向上させている。

そのほか、エスクァイアには専用のシート表皮や加飾など、内装の上質感にこだわった最上級パッケージGi“Premium Package”を新設定した。

エスクァイア
エスクァイア

なおベース車のパッケージオプションとして、乗降時にセカンドシートが回転し前傾する“サイドリフトアップチルトシート装着車”をヴォクシー「X」、ノア「X」、エスクァイア「Xi」に設定し、2017年10月に発売を予定している。

ノア
ノア

ヴォクシーとノアエクステリアでは、Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレべリング機能付)と、面発光のLEDクリアランスランプを採用。

ヴォクシー
ヴォクシー

ヴォクシーは2段積みのヘッドランプをよりシャープな印象にした。ノアは艶やかで大きな面を感じさせるフロントグリルにより、モダンで精悍な印象を付与。リヤコンビネーションランプとバックドアガーニッシュでワイド感を表現した。

エアロ仕様のヴォクシー「ZS」ならびにノア「Si」では、[ハ]の字をテーマにしたスタイルとし、スポーティでアグレッシブなイメージを強化。

エスクァイア
エスクァイア
エスクァイア

切削光輝加工にダークグレーメタリック塗装を施した専用の16インチアルミホイールを設定し外板色は、ヴォクシーには新規開発色のイナズマスパーキングブラックガラスフレークを設定。

ノアには、新規設定色のラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークを含む全7色をそれぞれ設定した。

販売店
ヴォクシー:全国のネッツ店
ノア:全国のトヨタカローラ店
エスクァイア:全国のトヨタ店ならびにトヨペット店

月販目標台数
ヴォクシー:5,000台
ノア:2,700台
エスクァイア:2,300台

店頭発表会:7月8日(土)、9日(日)

加えてウェルキャブ(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同様の改良を施し、新たに様々な用途で多人数の送迎が快適にできる「ウェルジョイン」(2017年9月発売予定)と、セカンドシートが電動で回転し前傾するチルト機構の追加により、乗降をよりスムーズにサポートする「サイドリフトアップチルトシート車」(2017年10月発売予定)を新設定した。

加えて車いす仕様車については、付属する電動ウェルチェアが容易に固定できる装置を備えた「車いす仕様車タイプⅢ」の開発を現在進めている。

「ウェルジョイン」は、乗員が自力でサードシートへ乗降できるよう、乗降し易い専用の手すりを最適な箇所に設置したほか、乗降時の通路幅を確保した専用セカンドシートを導入。

介護施設への送迎のみならず、過疎化にともなう路線バスの廃止により交通空白の問題を抱える地域の移動手段など、さまざまな用途に合わせ使い易い車両とした。

「サイドリフトアップチルトシート車」は、チルト機能の導入により乗降時にシートが前傾するため、利用者のシートへの着座、立ち上がりをサポートし介助者の負担を軽減。

車外へのシートの張り出しを約55cmに抑えたことにより、一般家庭の駐車場や外出先の狭いスペースでも乗降を可能とした。

ヴォクシー 車両情報:
ヴォクシー ウェルキャブ車両情報:
ノア車両情報:
ノア ウェルキャブ車両情報:
エスクァイア車両情報:
エスクァイア ウェルキャブ車両情報: