トヨタ自動車、WRC第3戦ラリー・メキシコ3月9日参戦へ。シーズン初のグラベルラリーに挑む


トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、社長:豊田章男、以下、トヨタ)傘下のTOYOTA GAZOO Racingは、3月9日(木)から12日(日)に掛けて開催されるFIA世界ラリー選手権(WRC)第3戦ラリー・メキシコに参戦する。

マシンは2台のヤリスWRC。ドライバーは、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #10号車)と、ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(#11号車)。

チームとしてはシーズン初のグラベルラリーへの挑戦となる。クルー全員は、メキシコの厳しい未舗装路から多くの事を学ぶべく、3戦連続となる2台完走を目指す。

先の2月に行なわれた第2戦ラリー・スウェーデンでは、ラトバラ/アンティラ組が、トヨタにとって1999年以来18年ぶりとなるWRC総合優勝を実現。

チームの志気は高まったが、今季最初のグラベルイベントであるメキシコはトヨタにとって未知なるラリーであり、新たな挑戦となる。

ラリー・メキシコは、2004年に初めてWRCのカレンダー入りを果たし、以降シーズン最初のグラベルラリーとしてすっかり定着している。

そんな3月のメキシコは、外気温が摂氏30度前後に達し、かなり暑い。またタイムアタックが行われるスペシャルステージ(SS)は海抜1,800m~2,737mの高地が舞台となるため、最高地点周辺では空気密度の減少によりエンジンの最高出力が通常よりも20%程度低下すると言われている。

ドライバー、マシン、エンジニアにとってメキシコは、他のグラベルラリー以上にタフさが求められる1戦である。

なお今年もラリー・メキシコはグアナファト州のレオンを中心に開催されるが、初の試みとして首都メキシコシティでオープニングステージが予定されている。

具体的には9日(木)の夜に、市の中心部の観光名所ソカロ(憲法広場)で、全長1.57kmの市街地SSが2本行なわれ、事実上の競技開始とになる。

空けて翌日10日(金)より、レオン周辺でグラベルステージがスタートするが、SS2は全長54.9kmと非常に長く、今季ここまでのところ最長のSSとなる。

また、同日夕方のSS6では、ユネスコ世界遺産に指定されているグアナファトの町中で、かつて銀鉱のために設けられた地下道をコースに含む市街地SSが予定されており、盛りだくさんな1日となる。

そして11日(土)、12日(日)と計4日間にわたる競技は、ボーナスのドライバーズポイントがかかるパワーステージのSS19で幕を閉じる。都合SSの合計距離は370.46km、リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は897.68kmとなっている。

メキシコ入りにあたって、ラトバラは2016年にメキシコ初優勝を果たしているが、前戦からの好調を維持して走りきることを目標とする。

一方、ハンニネンは2011年に1度出場したのみで経験は十分とはいえないが、得意とするグラベルラリーで今季のベストリザルトを狙う。

チームは、メキシコを想定したテストを2月末にスペインで実施し、ラトバラとハンニネンは、チームと共にヤリスWRCをラリー・メキシコ仕様に仕立て上げている。

以下はチームの主要メンバーのコメントとなる。

トミ・マキネン(チーム代表)
我々がこれまでに実施してきたテストは大部分がグラベルのコースだったので、メキシコに向けてはそれなりに自信を持っています。

しかし、ひとつだけ読めないのは、高い気温と高い標高の組み合わせがどのように影響するかということです。

昨年、我々はスペインのグラベルコースで気温が40度に達するような状況でテストを行ないました。

また、エンジニアは高地でのエンジンマッピングについて開発作業を続けてきました。しかし、実際にこのふたつの要素が一緒になった時にどうなるのかは、分かりません。

前戦ラリー・スウェーデンでは優勝という、信じられないような結果を得ることができましたが、地に足を着け、より一層成長できるよう本戦もハードに仕事をしたいと思います。

現在、WRCは全マニュファクチャラーの力が拮抗しており、最速タイムを競い合っています。これは、このスポーツにとって素晴らしい事だと思います。

ヤリ-マティ・ラトバラ(ヤリスWRC #10号車)
昨年優勝したラリー・メキシコには、とても良い思い出があります。

しかし、勝つことができた理由の1つは、私は出走順が遅かったため、早い出走順の選手たちが苦労しながら走って掃除をしてくれた、クリーンな状態のグラベルコースを走行することができたことだと思います。

今年は逆の立場になりますし、5位以内に入る事ができたら、喜ぶべきでしょう。

今後については、常にベストを尽くし、安定性を保つことができれば、1年が終る頃には選手権で良い位置にいるかもしれません。

もっとも、今年は我々のチームにとって最初のシーズンなので、それが1番の目的ではありませんが。

ラリー・メキシコは、いつもとても良い雰囲気です。去年、メキシコのファンは私の事を「ラ・バラ」と呼んでくれましたが、それは「弾丸」という意味だそうです。ファンの皆さんに喜んで頂けるように頑張りたいですね。

ユホ・ハンニネン(ヤリスWRC #11号車)
ラリー・メキシコは2011年に1度出たきりですが、個人的に好きなラリーです。

グラベルのコースを走るのは常に楽しいですが、金曜日に用意されるロングSSの「エル・ショコラテ」は、私にとって非常に大きなチャンスとなるかもしれません。

今回、私の出走順は良いはずなので、それを最大限に活用して戦いたいと思います。

前戦のスウェーデンは私自身にとっては良いラリーではありませんでしたが、今後の戦い方について多くの事を学べました。

特に、事前のテストを通じて、自分自身が準備ができていると確信を得た状態になることが重要です。

ラリー・メキシコに向けたテストは、サスペンション等のセッティングを多少変えた程度ですが、とても満足のできる内容で、自信を持って本番に臨むことができます。

エンジニアの皆がエンジンに施した仕事は完璧で、高い標高でもいつも通りに運転できるのではないか、とさえ思っています。

2017 FIA世界ラリー選手権
第2戦終了後のドライバーズランキング
1_ヤリ-マティ・ラトバラ48
2_セバスチャン・オジエ44
3_オット・タナック33
4_ダニ・ソルド25
5_クレイグ・ブリーン20
6_エルフィン・エバンス18
7_ステファン・ルフェーブル10
8_ティエリー・ヌービル8
9_ヘイデン・パッドン7
10_アンドレアス・ミケルセン6
12_ユホ・ハンニネン3

2017 FIA世界ラリー選手権
第2戦終了後のマニュファクチャラーズランキング
1_Mスポーツワールドラリーチーム73
2_Toyota Gazoo Racing WRT53
3_ヒュンダイ・モータースポーツ40
4_シトロエン・トタル・アブダビ・ワールドラリーチーム26

以下はTOYOTA GAZOO Racing WRTのSNSアカウント
Facebook:
 

Twitter:
(@TGR_WRC)

Instagram:
  (@TGR_WRC)

YouTube: