トヨタ、次世代タクシーの概要を公表

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車株式会社(本社 : 愛知県豊田市、社長 : 豊田章男、以下、トヨタ)は、2017年度内に発売を予定している次世代タクシーの概要を公表した。

toyota-published-an-overview-of-the-next-generation-taxi20151027-2

次世代タクシーは、日本の街の風景を変えることを念頭に、“おもてなしの心”を反映した内外装デザインを採用。日本で使用するお客様に向けた安心・快適性能を持たせることで、環境負荷低減、超高齢化などの社会変化に対応した、新たな「日本のタクシー」確立を目指す。

具体的には、2013年東京モーターショーに出展したJPN TAXI Conceptと同様の、一目でタクシーとわかる独創的で親しみのあるデザインを採用。

低床化・大開口スライドドアによる優れた乗降性と、車椅子乗車を考慮した広い室内空間、さらに街中での取り回しの良さも兼ね備え、利用者からドライバーまで「みんなにやさしい」タクシー車両を目指す*1。

toyota-published-an-overview-of-the-next-generation-taxi20151027-3

またパワートレーンには、タクシーの走行パターンに適した環境性能と高い経済性を持つLPG*2ハイブリッドシステムを新開発し搭載。

さらにタクシーとしての使用環境を考慮し、長距離の使用に耐える高い耐久性能を目指し、現在開発に取り組んでいる。

販売については、全国のトヨタ店、トヨペット店を通じて販売する予定。また、2015年10月28日(プレスデー)に開幕の第44回東京モーターショー2015*3では、同車を映像で紹介する。

*1 国土交通省「標準仕様ユニバーサルデザインタクシー認定要領」への適合を目指し開発中
*2 LPG Liquefied Petroleum Gas(液化石油ガス)
*3 プレスデー10月28・29日、特別招待日10月30日、一般公開日10月30日~11月8日