テレビ愛知、名古屋で東海地区最大級のキャンピングカーイベントを3月11日・12日に開催


親子で楽しめるアウトドアの祭典。フリークライミング、逆バンジーも体験可能。テリー伊藤氏も来場

名古屋キャンピングカーフェア実行委員会(テレビ愛知事業局、テレビ愛知企画)は、2017年3月11日(土)12日(日)の2日間、キャンピングカーの展示とアウトドアでの遊びを体感できるイベント「名古屋キャンピングカーフェア 2017 Spring」を開催する。(特別協賛:日本RV協会)

春と秋の年2回、恒例の開催となっている同イベントは、キャンピングカーやキャンピングトレーラーなどアウトドアで楽しめる車が約150台展示される。この規模は、東海地区最大級を誇ると云う。また、ほとんどの車が見るだけではなく、中に入り込めるのがこのイベントの特徴でもある。

今回は、昨秋初実施して好評を得た「体験乗車会」並びに「愛車自慢会」継続して実施していく。

前者は会場近郊をキャンピングカー評論家の渡部竜生氏にも同乗してもらいながら、事前にWEBなどで挙がった質問に答えていくもの。

素朴な疑問からマニアックな質問まで、実際の乗り心地を感じながら専門家のアドバイスを聞くことができる。

後者は一般ユーザーの自慢の愛車を会場で披露しつつ、愛好家同士、キャンピングカーについて、ざっくばらんに語り合える企画となっている。

これらの企画のほか、「フリークライミング」、「逆バンジー」、「巨大ふわふわ」など子供達が喜びそうなアウトドア系コンテンツも豊富に設けており、自動車ファン、ファミリーユーザーが車を選び・親しんでいる間、子供達も1日遊べるイベントとなっている。

また、キャンプには欠かせないBBQが用意されており。肉の本場、ブラジルのコック達がシュラスコやリングイッサ(極太ソーセージ)で来場者の腹を満たす。

なお3月12日(日)は第4回、第5回と2年連続でキャンピングカーアワードを受賞したタレントのテリー伊藤氏が来場。自身のキャンピングカー体験談を披露して、会場を盛り上げていく予定だと云う。

「名古屋キャンピングカーフェア 2017 Spring」イベント内容
1.充実のキャンピングカー展示&販売
キャンピングカーやキャンピングトレーラーなど、東海地区最大規模の約150台を展示。

外側からの見学だけでなく、ほとんどの展示車両は実際に入室することができ、快適な「くるま旅」を体感できる。

2.小学生以下の入場料は無料!充実のアウトドア系遊具に子供達は大喜び
小学生以下の入場料は無料(アトラクション系は一部有料)。フリークライミング、逆バンジー、巨大ふわふわなどアウトドア系コンテンツも充実している。

3.充実のフードコーナー
本場ブラジルのコックが腕を振るう、シュラスコやリングイッサ(極太ソーセージ)などのブラジルBBQのコーナーを用意。中庭スペースに30台前後のキッチンカーがスタンバイする。

【開催概要】
名称/「名古屋キャンピングカーフェア 2017 Spring」
開催日時/2017年3月11日(土)~12日(日)
会場/ポートメッセなごや3号館(名古屋市港区金城ふ頭)
主催/名古屋キャンピングカーフェア実行委員会
入場料/一般 前売800円 当日1,000円
小学生以下入場無料
前売券/ファミリーマート・サークルK・サンクス、セブン‐イレブン、ローソン、ミニストップ他にて発売

「名古屋キャンピングカーフェア 2017 Spring」