ボルボ・カー・ジャパン、V40に299万円のエントリーモデルを追加

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルボ・カー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木村隆之)は2月1日より「V40 T2 Kinetic(キネティック)」をラインナップに追加し、299万円(車両本体価格、税込)のエントリー価格で全国のボルボ・ディーラーを通じて販売する。

日本国内に於いてV40シリーズは、最量販モデルであり、2016年の国内登録台数は7,006台(V40, V40 Cross Countryを含む)と、全登録台数の48%を占めている。

そのV40シリーズに追加された「V40 T2 Kinetic」は、Drive-E1.5リッター4気筒ガソリンターボエンジンを搭載したT2パワートレーンを新たに採用し、本体価格300万円を切るエントリーグレードとして導入される。

40シリーズの他グレードと同様、「歩行者エアバッグ」をはじめ、「歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」、「全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」、「BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」等、11種類以上の先進安全・運転支援技術を含む「インテリセーフ」を標準装備した。

また、「V40 T2 Kinetic」は「平成17年排出ガス基準75%低減」「平成27年度燃費基準+10%」により自動車取得税及び重量税が減税となる。

V40 T2 Kineticの仕様と車両本体価格は以下の通り
モデル名:V40 T2 Kinetic
エンジン:Drive-E 1.5リッター4気筒直噴ターボガソリンエンジン
90kw(122ps)220Nm(22.4kgm)
トランスミッション:電子制御式6速AT(ロックアップ機構付)
駆動方式:ギアトロニック
希望小売価格(消費税込):2,990,000円