ボルボ・アマゾン(Amazon)、2016年9月で生誕60周年

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

expands-volvo-the-service-contents-of-the-owner-for-the-original-car-insurance20150629-4-min

3点式シートベルトを世界で初めて標準装備したモデルが生誕60年

ギリシャ神話の女性戦士にちなんで名付けられたボルボ・アマゾンは1956年9月の最初の週末、スウェーデンのエレブルーで公開された。
イタリア、英国並びに米国に於いても受け入れられるために入念にデザインされた同車は、当時26歳のカーデザイナー、ヤン・ウィルスガールド氏によって生み出された。

volvo-amazon-amazon-60-anniversary-of-the-birth-in-september-20160902-3

彼はこれ以降ボルボのデザイン部門を長年にわたり指揮し、140、240、700シリーズを手掛けると共に、800シリーズのパーツもデザインした。

PV444に続き、戦後2台目のボルボとなった新型車は、モデル名の綴りに“s”を使ったアマゾン(Amason)と命名されたが、これは同車の生産が開始される前の1957年、グローバルな販売を視野に入れ、モデル名をアマゾン(Amazon)に変更したことから決まった。

この時期、原動機付自転車とオートバイのメーカーであるドイツのクライドラーも、Amazoneという原動機付自転車を発売していたが、このボルボによる新型車の命名により、この魅力的な名前を世界規模で使用することができなかった。

ただ当のボルボも、北欧市場に於いては同車をアマゾンと呼ぶことについて、無事合意が成立したものの、その他の地域では、標準モデルが121、スポーツモデルが122、標準エンジンを搭載したエステートモデルが221、スポーツエンジンを搭載したエステートモデルが222と呼ばれることになった。

しかし60周年を迎えようとする現在、この車両は世界中レベルでアマゾンと呼ばれ、親しまれている。

volvo-amazon-amazon-60-anniversary-of-the-birth-in-september-20160902-1

発売されてからの数年間、アマゾンはエレガントなボディカラーが採用されていた。

具体的には、1957年から1959年にかけては、全てのアマゾンがツートンカラーで仕上げられていて、ブラック、ミッドナイトブルーまたはルビーレッドのボディにライトグレーのルーフを組み合わせた仕様のほか、ライトグレーのボディにブラックのルーフを組み合わせた仕様が用意された。

その後、1959年以降は、単一色のアマゾンが購入できるようになり、1961年にツートンカラーモデルの生産は終了した。

1958年には、よりパワーを求める顧客のため、アマゾン スポーツも開発されている。このクルマは、SUツインキャブレターとさらに鋭敏なカムシャフトを備えたエンジンとなって、最高出力85hp(SAE)を発生させている。

なおそれらより最も重要な点は1959年に、ボルボが特許を取得した3点式シートベルトが世界で初めてアマゾンに標準装備されたことにある。

安全装備がまだそれほど重要視されていなかった当時、この画期的な安全装備によって今日、以来57年間に100万人以上の命が救われたと推定されている。

1962年2月には、アマゾンのエステートバージョンが導入された。デュエット バンとは大きく異なるこのアマゾンのエステートは、米国由来の水平分割式テールゲートを備えたエレガントな車として人気を誇っていた。

さらにアマゾンの最もスポーティなバージョンが123 GTで、これには1800Sスポーツカーのエンジンが搭載された。

123 GTは1967年モデルとして投入された1台で、最高出力115hpを発生するとともにオーバードライブを備え、ドアミラーはフロントフェンダーに装着。追加ライトが標準装備され、ダッシュボード上部にはタコメーターが設けられた。

1966年には、ボルボのラインナップに140シリーズが導入されたものの、アマゾンの開発も継続されていた。

アマゾンと140シリーズは、どちらも1969年モデルに新型のB20エンジンを搭載している。これによって排気量が増大し、トルクと出力がアップした。

結果、1956年から1970年の間にアマゾンは667,791台が生産され、当時に於いて、最も生産台数の多いボルボ車となった。

アマゾンは、ボルボの視点を国内市場から海外市場へ移行させたため、アマゾン全生産台数のうち60%がスウェーデン以外で販売されることとなった。

さらに、アマゾンはスウェーデンの国外で組み立てられた初のボルボでもあった。

1963年、ボルボの工場がカナダのハリファックスにオープンしたことで、北米市場向けの車はそこで生産されるようになったのである。

後に、南アフリカ共和国のダーバンにも組み立て工場が完成したほか、ベルギーのゲントには最大の投資が行われた。スウェーデンは当時EECに加盟していなかったことから、欧州関税同盟にうまく入り込むことが重要とされていたのだ。

1965年、ゲント工場は年間14,000台の生産能力を備えてオープン。1970年7月3日に、最後のアマゾンがトースランダで製造されている。ダークブルーのこのモデルは、後にボルボ ミュージアムとしてオープンする、ボルボのカーコレクションとなっている。

ボルボ アマゾンについてあまり知られていない10の事実
1. スウェーデンで販売された約297,000台のアマゾンのうちの約8%がまだ現役。最も一般的なのは1966年モデルで、今でも4,804台が登録されている。スウェーデンでは合計24,282台のボルボ アマゾンが登録されている。

2. ニューヨークの広告制作者のアミール・ガルガノは、1962年にボルボ社の広告業務を委託されていた。彼はボルボがほとんど何にでも耐えることができるという結論を出し、これをブランド独自のセールスポイントとした。

広告映像は、砂利道を激しく走るアマゾンを映し出しています。この広告のクライマックスでは、「あなたは怒りをぶつけるようにこの車を走らせることができます。心理療法より安上がりです」という今日では考えられないような明快なメッセージが示された。

3. 米国の元国務長官および統合参謀本部議長のコリン・パウエルは、大の自動車ファンであるが、そんな彼は、1966年のアマゾン エステートを含む数台のクラシック ボルボを所有している。

1993年に彼が統合参謀本部議長のポストを離れたとき、ビル・クリントン大統領とアル・ゴア副大統領から、すぐレストアが必要なアマゾンが贈呈された。

4. アマゾンには、トラック用のV8エンジンを進化させたタイプのものを搭載する計画があった。

5台のプロトタイプが製造されたと言われているが、最終的にボルボの経営陣は、V8がアマゾンには適さないということに気付いた。実際、6気筒バージョンがなかったことを考えると、4気筒からV8への飛躍はあまりにも大胆な挑戦であった。

5. カナダのハリファックスにあるボルボの組み立て工場で製造されたアマゾンは、ボルボ カナディアンの名前で市場に投入された。

6. リチャード・ニクソン大統領を辞職に追い込んだウォーターゲート事件を映画化した「大統領の陰謀」において、ロバート・レッドフォードが演じるワシントンポストのリポーター、ボブ・ウッドワードは、ホワイトのアマゾンに乗っていた。

7. スウェーデン警察は、その後、市販の普通車にも装着される装備をボルボと共同開発した。

警察車両では、ディスクブレーキ、ブレーキアシスト、ラジアルタイヤが市販車よりも数年早く装着された。

警察仕様のアマゾンにはリアウインドウファンが装備され、ステアリングホイールの横には、フロントウインドウクリーナーとフロントウインドウワイパーの最速設定を接続するスイッチが備わっていた。

8. 1963年のジュネーブモーターショーのカタログに、ベルギーのコーチビルダーのジャック・クーンが製作したボルボ122Sカブリオレが掲載された。

美しい改造モデルで、ウインドウフレームなしのドア、後方が緩やかに丸みを帯びるドア開口部、および前方に傾斜するリアライトを備えられた。

カタログを見た印象では市販車のようだったが、造られたのはわずか4台で、ボルボがその取り組みに関与したことはなかった。

9. ボルボのファクトリードライバーのカール=マグナス・スコフは、122Sを駆り、ギリシャのアクロポリスラリーで1965年に優勝を飾った。

10. アマゾンによってモデルレンジが拡張されて、ボルボは1958年にスウェーデンのベストセラーブランドの地位を取り戻した。それ以来、同社はこの地位を維持している。
ボルボ・カージャパンURL : http://volvocars.jp To-jump-to-external-page20150401