ボルボ日本、V90/V90クロスカントリーにディーゼルモデル追加

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルボ・カー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木村隆之)は、ボルボV90、V90 Cross Countryの一部仕様を変更し、7月11日より販売を開始した。

同社の今回の仕様変更では、V90、V90 Cross Countryに、Drive-E(ドライブ・イー)2.0リッター4気筒直噴クリーンディーゼルターボ「D4」エンジン搭載モデルを追加した。

V90 Cross Country D4 AWD Summum(左) V90 D4 Inscription(右)
V90 Cross Country D4 AWD Summum(左) V90 D4 Inscription(右)

また装備面では上級仕様のグレードとなる Inscription(V90)/ Summum(V90 Cross Country)に「テイラード・ダッシュボード&インナードアパネル・トップ」および「haman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステム」(600W、14スピーカー、サブウーファー付)を標準装備としている。

なお、この一部仕様変更に合わせ、V90、V90 Cross Countryとも新価格を設定した。

搭載されるDrive-E 2.0リッターの4気筒直噴ディーゼルターボ「D4」エンジンは、レスポンスの速さを狙った小型ターボチャージャーと、高出力を得られる大型ターボチャージャーを組み合わせた2ステージターボの組み合わせとしている。

最高出力は140kW(190ps)、最大トルク400Nmを発揮するクリーンディーゼルエンジンであり、AdBlue®で排ガス中のNOxを抑制するSCR触媒コンバーターを採用することで、長期間の燃費性能と環境負荷の低減を実現していると謳っている。

AdBlue®は、ディーゼルエンジンによる有害物質を低減することを目的に尿素を利用したSCRシステムであり、利用される添加剤AdBlue®および亜酸化窒素排出ガスが、窒素と水蒸気に分解し、有害な亜酸化窒素の排出を低減させるものとなっている。

V90 車両本体価格

「V90 D4 Momentum / D4 Inscription」の燃料消費率はJC08モードで16.2km/ℓ、クリーンディーゼル自動車としてエコカー減税対象となり、自動車取得税・重量税は免税、自動車税は75%軽減となる。
また「V90 T8 Twin Engine AWD Inscription」の燃料消費率はJC08モードで14.4km/ℓ、プラグインハイブリッド自動車としてエコカー減税対象となり、自動車取得税・重量税は免税、自動車税は75%軽減となる。

V90 Cross Country 車両本体価格

「V90 Cross Country D4 AWD Momentum / D4 AWD Summum」の燃料消費率はJC08モードで15.9km/ℓ、クリーンディーゼル自動車としてエコカー減税対象となり、自動車取得税・重量税は免税、自動車税は75%軽減となる。