ボルボ、新型V60クロスカントリー予約開始、XC90にD5を追加

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

「新型V60 Cross Country」全国のボルボディーラーで本日より予約注文受付を開始。2019年4月に発表・発売予定

ボルボ・カー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木村隆之)は3月1日、「新型V60 Cross Country」の予約受付を全国のボルボディーラーに於いて開始する。また「XC90」初のディーゼルモデル「D5」を日本市場へ投入する。

なお「新型V60 Cross Country」の発表および発売は2019年4月を予定している。この新型V60 Cross Countryは、ミッドサイズステーションワゴン「V60」をベースにしたクロスオーバーモデル。

悪路走破性を高めるために最低地上高を65mm高めて210mmとし、Cross Country専用サスペンションを採用することでラフロード性能を強化した。エクステリアdesignではCross Country専用の独自性が与えられている。

ちなみにシリーズモデルとして従来の「Momentum」に相当する「Cross Country」と、上級仕様の「Summum」に相当する「Cross Country Pro」の2種類のグレード展開が行われ、新型V60シリーズではガソリンモデル初のAWD車も用意された。

XC90 D5 AWD Momentum(奥) XC90 D5 AWD Inscription(手前)
XC90 D5 AWD Momentum(奥) XC90 D5 AWD Inscription(手前)

一方「XC90」シリーズについてはDrive – E(ドライブ・イー)2.0リッター4気筒直噴ディーゼルターボ「D5」エンジン搭載モデルが追加される。発表同日より発売開始で日本市場では「XC90」初のディーゼルモデル導入となる。

パワーユニットに関しては、低回転域からの加速時に圧縮エアをターボチャージャーに送り込むことでターボラグを低減し、よりスムーズな発進や加速を実現する新開発Power Pulseテクノロジーが採用された。

そのスペックは最高出力 173kW(235ps)/ 4,000rpm、最大トルク480Nm(48.9kgm)/ 1,750 – 2,250rpmを発揮。環境性能では添加剤AdBlueを用いて排ガス中のNOxを抑制するSCR触媒コンバーターが採用され、亜酸化窒素排出ガスが窒素と水蒸気に分解される等、有害な亜酸化窒素の排出低減を長期に亘って維持する。