ボルボ、安全で先進的な自動運転車のドライバーインターフェースを発表

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルボ・カーズ(本社:ヴェストラ・イェータランド県・イエテボリ、CEO:ホーカン·サミュエルソン、以下ボルボ)は、自動運転車の自動運転との切り替えを管理するための、最も先進かつ直感的な操作が可能なドライバーインターフェースを発表した。

volvo-safe-and-announced-the-driver-interface-of-advanced-automatic-operation-vehicles20151014-1

自動運転技術の出現により、ドライバーと自動車とのユーザーインターフェースは極めて重要なものとなる。ドライバー自身による運転と、自動運転との安全で切れ目のないモード切り替えが、そのテクノロジーの要だ。

ボルボでは、自動運転システム「インテリセーフ・オート・パイロット」をシンプルかつ直観的に操作できるデザインに仕上げた。自動運転モードのオン、オフは、ステアリングに取り付けられた独自デザインのパドルスイッチで操作する。

自動運転可能なルートに入ると、その状態をドライバーに伝えるメッセージとともに、ステアリングのパドルスイッチのライトが点滅。

volvo-safe-and-announced-the-driver-interface-of-advanced-automatic-operation-vehicles20151014-3

パドルスイッチは二つ取り付けられており、それらを両方同時に引くことにより自動運転モードへの切り替えができる。二つのパドルを引くと、グリーンのライトが点灯状態となり、車の操縦を自動運転に移行したことを伝える。

自動運転が可能なルートを外れると、ドライバー自身による運転を再開するよう通知され、ディスプレイに60秒のカウントダウンが表示される。
何らかの理由により、1分以内にドライバーがパドルスイッチを操作し、自身による運転に切り替えなかった場合、安全な場所へ自動で停車する。

ボルボのデザイン担当上級副社長のトーマス・インゲンラート氏は、「我々は、ドライバーが安心して自動運転との切り替え操作ができるような、安全かつシームレスなドライバーインターフェースをデザインしました」と語る。

ボルボの新しい自動運転システム、インテリセーフ・オート・パイロットは、2017年にイェーテボリで行われるドライブ・ミープロジェクトの中で、100台のボルボXC90において最初に実用化される。これは発表段階の現時点に於いては、世界最大規模の自動運転プロジェクトとなる見込み。

同プロジェクトは、自動運転システムを搭載した100台のボルボにより、イェーテボリの人々の家族でのドライブや通勤等の日常的なドライブ環境で実施される。これらのクルマは約50kmの決められた道路で自動運転を実施していく。

なおドライブ・ミープロジェクトに続き、インテリセーフ・オート・パイロットシステムは、順次、一般利用にも導入されていく予定としている。