ボルボXC60が一部仕様変更、価格も改訂

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ボルボ・カー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木村隆之)はプレミアム・ミッドサイズSUV XC60の一部仕様と価格を変更し3月27日より発売した。

今仕様変更では、「CTA(クロス・トラフィック・アラート)」に衝突回避・被害軽減ブレーキ機能を追加。具体的には駐車スペースから後退して出発する際、リアバンパーに内蔵されたミリ波レーダーが接近する車両、歩行者やサイクリストを検知。

これらの接近を警告音で知らせるだけでなく、衝突の回避を実現するべくブレーキが作動する。

また走行中では、車線を維持するためにステアリングを穏やかに自動修正し、車線の中央を保持できるよう支援する「パイロット・アシスト(車線維持支援機能)」に、ステアリングホイールの微振動を与えることで機能の一時解除を知らせる装備が追加されている。

なおスポーティグレードの「R-Design」には、専用デザインとしてサイドウインドートリム、ドアミラーカバー、インテグレーテッド・ルーフレールにグロッシーブラック仕上げが採用された。また新たに専用オープングリッドテキスタイル / レザー・コンビネーションシートが採用されている。なおXC60は新車登録から5 年間、走行距離無制限の一般保証制度が新たに導入された。価格は644万円から924万円(消費税込み)