VW、中国でクロスオーバーEVの「I.D. CROZZ(アイ.ディ.クロス)」を世界初披露

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

独フォルクスワーゲン AG(本社:ドイツ・ニーダーザクセン州ヴォルフスブルク、グループCEO:マティアス・ミューラー、以降VW)は、来る2020年の格的生産開始に向けて、未来の新型電気自動車(EV)を連想させる車両を2017年上海モーターショー(4 月 19 日~29 日)で世界初披露した。

この新しい電気自動車シリーズをイメージさせるコンセプトカー「I.D. CROZZ(アイ.ディ.クロス)」は、電気で駆動するVW初のクロスオーバーユーティリティビークル(CUV)となる。

CUV とは、4ドアクーペとスポーツユーティリティビークル(SUV)の特徴を 1 台に融合したクルマを意味している。

「I.D. CROZZ」は先に発表して大きな注目を浴びた「I.D.」(2016 年にパリで初公開)、「I.D. BUZZ」(2017 年1 月にデトロイトで初公開)に続く、「I.D.」シリーズの第 3 弾となるクルマだ。

このゼロエミッション ビークルも先の発表車両と同様、長い航続距離を実現しており、カリスマ性を感じさせる電気自動車専用のデザインと完全に新しい室内コンセプトを採用している。

スポーティなデザインをまとった「I.D. CROZZ」は、2020年におけるVW製の電気自動車が、どれほど多彩なものになりそうかを暗示させるものとなった。

4輪駆動と 500km(NEDC)の航続距離
まず今発表車は何よりも「I.D. CROZZ」という名前がすべてを表現しているとVWでは云う。

「I.D.」は「アイデンティティ」、そして、「アイコン的なデザイン」を表し、「CROZZ」は、新しい CUV のカテゴリーを示唆している。

「I.D. CROZZ」は、スポーティでインタラクティブなデザインを備えたゼロエミッションのオールラウンドビークルで、電気による 4 輪駆動システムは、街乗りでも、冒険心を満たすオフロード走行でも、同様に印象的な走りを実現する。

225kW のパワーがある「I.D. CROZZ」の最高速度は 180km/h で、1 回の充電で最大 500km(NEDC)走行可能。搭載する高性能バッテリーは、出力 150kW の直流充電装置で急速充電すれば、30分で80%までの充電が完了すると謳っている。

MEB で一新したスペース効率
「I.D. CROZZ」は、VW による最新の主力 SUV、新型「Tiguan L」(中国)/「Tiguan Allspace」(ヨーロッパ)と比較すると、サイズが少し小さく、ルーフラインも低くなっている。しかし室内スペースに関しては同等の空間を確保した。

その秘密は、車両設計にあります。「I.D. CROZZ」は、先に発表した「I.D.」、「I.D. BUZZ」同様、VW が新たに考案したモジュラーエレクトリックドライブマトリックス(MEB)に基づいて設計されていることにある。

MEBモデルでは、前後のアクスルと駆動関連モジュールが、通常よりも離れているため、長いホイールベースが実現される。

駆動系モジュールは、すべてコンパクトに設計され、バッテリーは、車体のフロア下部に設置。

シートも多様なアレンジが可能で、さまざまな目的に合わせて広いスペースを作り出す。この広くて、使い勝手も考え抜かれた“オープンスペース”は、一般的なクラスの概念を打ち破るものになっている。

インタラクティブなヘッドライト
「I.D. CROZZ」のフロントビューのハイライトは、VW の電気自動車を象徴する特徴的なシグネチャーライトであろう。

C 字形をした LED デイタイム ランニングライトと 5 つの細い LED で構成された可変制御 LED ヘッドライトが、電子の動く“目”(インタラクティブスポットライト)とともに一体感のあるフロントセクションを構成している。

ここでは、この“インタラクティブ”がひとつのキーワードになる。

「I.D. CROZZ」は、ドライバーの指示により、完全な自動運転モードで走行している時、この“インタラクティブスポットライト”を介して、他の道路を共有するユーザーとコミュニケーションを取るのである。またドライバーがクルマに近づいてきた時には、このライトを使って挨拶もするのと同社では述べている。

e-モビリティの DNA
シグネチャーライトは、考え抜かれた e-モビリティのデザイン言語の一部になった。

ここでもまた、MEBが理想的なプラットフォームを提供する。幅広いアクスル間隔により、ダイナミックなプロポーションが創出され、これにより、新時代のアバンギャルドなデザインを提案することができている。

このデザインについて、VW ブランドのデザインを統括するクラウスビショフ氏は、「もし、未来の状況を 100%正確に予測できるとしたら、ここに答えがあります。

2017 年の現在、我々は『I.D. CROZZ』によって、VW が 2020 年以降に街並みの様子をどのように変えようとしているのかを明らかにしています。

我々にとって、新時代に向けたゼロエミッション ビークルの 3 つのプロトタイプである『I.D. 』『I.D. BUZZ』『I.D. CROZZ』は、パーソナルモビリティと VW ブランドを永久的に変えることになるデザインとテクノロジー革命の幕開けを告げるものです。

VWの目標は、2020 年代半ばまでに、電気駆動システムを現在のニッチなモデルから大量生産する主力モデルに変貌させることです」と説明した。

加えてVW ブランドを統括するCEO のヘルベルト ディース氏は、「2025 年までに、我々は純粋な電気自動車の販売台数を年間 100 万台レベルにしたいと考えています。

そのなかで、『I.D. CROZZ』も重要な役割を果たすことになるでしょう。生産は、2020 年に開始する予定です」と述べていた。

新しい時代に向けたデザイン
「I.D. CROZZ」の明確で力強いデザインは、SUV の堂々とした無骨な風貌とクーペのエレガントでスポーティな軽快感を融合している。

ここでは、大きなボンネットとアスリートのように力強い形状を描くワイドなフェンダーが、決定的な要素になっている。表情豊かなボンネットは、高さのあるフロントエンドいっぱいまで広がった。

「I.D. CROZZ」のボディは、鮮明かつ「ハイテク感」のあるシルバー(シルバースパーク)で塗装され、クリーンな表面のボンネットやバンパーは、アルミの大きな塊から削り出した彫刻のような印象を与えるような仕上げとした。

このフロントセクションで目立つ存在となっているのが、VW の e-モビリティを象徴するシグネチャーライトだ。

ボンネットとバンパー中央部の VW バッジにもイルミネーションを採用。このイルミネーションは、左右に伸びる細い光のラインとなり、インタラクティブ LED ヘッドライトまでつながっています。シャープな曲線を描く、軽快な印象のルーフラインが後方へと長く伸び、透明なルーフは、外側が光沢のあるブラック仕上げとなり、高い質感を感じさせる。

このモデルの照明付きパノラミックルーフには、可動式ライトブラインドを新たに採用した。またこのブラインドは、クルマの室内だけでなく、エクステリアに対するアンビエントライトとしても機能する。

スタイリッシュなリヤとスポーティに張り出したショルダー部分は力強く、リヤライトの細いLEDマトリックスセグメントと照明付 VW バッジがある光沢ブラックの部分が、クルマの幅広さを一層強調する。

SUV ならではの無骨な印象は、力強いホイールアーチと 21 インチホイール、表面がざらついたマット仕上げの堅牢なサイドシルで構成されるサイドシルエットによって打ち出している。

この造形はホイールデザインによって、ホイールリムとタイヤとの継ぎ目がほとんどなように見せており、結果的にホイールとタイヤの組み合わせが大きく見える演出を施した。

ジェスチャーコントロール機能で作動するライトブラインド
前述の通り、「I.D. CROZZ」に採用した新機構の一つが、照明付パノラミックルーフと一体化したライトブラインドである。

このバーチャルブラインドは、ジェスチャーコントロール機能によって開閉でき、LED ストリップによって生み出される光のカーペットが、天井に沿ってスライドして室内を明るく照らす。

ルーフ部の光のストリップは、外からでも見えるようになっている。ジェスチャーコントロール機能による操作方法は、従来のスライディングルーフ同様、手を短くシャープに振ることで、ブラインドが完全に開閉。

その一方で、もう一方の手をゆっくり振ると、ライトのカーペットが、希望する位置に達するまでゆっくりと移動する。

2025 年の実現を目指す“I.D. Pilot”
同社によると2020 年は、「I.D. CROZZ」という形で、最初のVW 製の MEBモデルが世界の市場に投入される記念すべき年になるとする。

その約5年後の2025年からは、完全な自動運転システムが、次の革命的進化に向けた引き金になる。

上海で公開する CUV コンセプトカーには、すでにこのオンデマンド自動運転システムを搭載している。

完全自動の“I.D. Pilot”モードを選択すると、マルチファンクションステアリングホイールがダッシュボードの中に折り畳まれて、デジタルインストルメント(アクティブインフォ ディスプレイ)と完全に一体化される。

つまり、「I.D. CROZZ」を完全な自動運転モードで走らせると、ステアリングホイールは姿を消してしまう。同様に、空調ユニットと一体化したインフォテイメントシステムも、タッチパッドとして設計されている。

一方、自動運転モードであっても、マニュアル運転モードであっても、ドライバーは、スピードやナビゲーションに関する情報を AR ヘッドアップ ディスプレイを介して受け取ることができる(AR:3 次元表示によるオーグメンテッドリアリティ=
拡張現実の映像)。

“オープンスペース”により生み出される広い空間
コンパクトな電気駆動システムとフロアに内蔵したリチウムイオン電池のおかげで、室内には広々としたアレンジ自由なラウンジのような空間、“オープンスペース”が生み出される。

室内に差し込む光の量やシートポジションに応じて、ダッシュボード、アッパードアトリム、ドアインサートは、それぞれさまざまな色彩を放つ。

ドライバーと助手席乗員には、上質なヘッドレスト一体型シート(シートベルトガイドも一体化)が提供され、後席のレッグルームも大型サルーン並みの余裕を確保したと云う。

さらに、ドアにあるマルチファンクショナルコントロールアイランド(空調とドア開閉のためのタッチ制御機能を備えたドアパネル)などの新機構によって、室内はさらに快適で寛げる空間になった。

また、マルチファンクションシートコンセプトを導入した「I.D. CROZZ」の室内は柔軟なアレンジが可能だ。

週末に自転車を積んでドライブに出掛けたいが、サイクルラックを持ってない、という場合でも問題はない。と言うのは、自転車を単に横向きにするだけで室内後方に積み込めるからだ。

大型のスイング/スライディングドアと柔軟なアレンジが可能なリヤシートが、これを可能にする。

リヤシートは、映画館の椅子のように、座面を持ち上げて折り畳める仕組みになっている。

パッセンジャーコンパートメントドアもまた、後方に格納できるように設計されており、荷物の積み込みを容易にする。

フロンドドアは、最大 90 度ととても広い開口部を持ち、B ピラーが無いこともあって、乗り降りや荷物の積み下ろしがとても楽になった。なお、すべてのドア、リヤハッチ、ボンネットには、電動開閉機構が備わる。

クリーンな空気
VW が新たに開発した“CleanAir”システムは、今回世界初披露となった中国国内ユーザーには特に魅力的に映るだろう。と言うのは同社によると、「I.D.CROZZ」は常に最適かつユーザーが望む通りの室内空調が提供されると謳っているからだ。

このシステムは、車外の状況に関係なく、「I.D.CROZZ」の車内の空気を常にきれいに保つ。

ドライバーと助手席の乗員は、インフォテイメントユニットを介して、あらかじめ設定したとおりに空調を作動させることができる仕様だ。

これを可能にしたのが、新たに開発した“CleanAir”テクノロジーで、アクティブフィルターシステムは、車内の空気をつねに最高の状態に保つ。

ドライバーは、メニュー画面から、車内の空気の状態(エアクオリティインデックス)やシステムの作動状況に関する情報にアクセスし、あらかじめ登録した空調設定を選択することで、ドライバーと助手席乗員は希望通りの風量やその国(今回のコンセプトカーの場合は中国)の特に美しく、気候的にも心地よい地域の温度や湿度の設定を再現できる。

例えば、上海の中心街を走りながら、車内では、まるでヒマラヤにいるような新鮮な空気を楽しむことができる。

VW の“User-ID”とデジタルキー
「I.D. CROZZ」では車内のあらゆる設定が、ドライバーに合わせて自動的に調整できる。

この設定は、VW の“User-ID”によって可能になる。“User-ID”とは、VW のデジタルエコシステムに保存された個人プロファイルのことで、スマートデバイスを介して有効となり、それ自体がデジタルキーの役割を果たす。

デジタルキーを持った人が近くにやってくると、「I.D.CROZZ」はそれを認識してドアのロックを解除すると共に、空調を含めたあらゆる設定を、その個人に合わせて調整する。

配送サービス
最後同社は、近い将来、宅急便の荷物は、家だけではなく外出先でも受け取れるようになると謳っている。

515リットルの容量を持つ「I.D. CROZZ」のトランクは、新しい配達サービスのための郵便箱として機能する。

宅急便のスタッフは、GPS でクルマの位置を特定し、アプリを介して一時的にトランクを開ける許可を受ける。荷物の配達が完了すると、「I.D. CROZZ」のオーナーには、アプリもしくは e メールを介して報告が届き、クルマのトランクが再びロックされる仕組みだ。