ドローンと大型風船を組み合わせたスポーツ・イベント演出用ドローン「バルーンカム」の試作機を開発

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

panasonic-the-implementation-of-the-battery-replacement-for-electrically-assisted-bicycles-recall-shakoku20150726-10

パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀一宏、以下、パナソニック)は、ドローンと大型風船を融合し、スポーツやイベントなどでさまざまな演出が可能なドローンシステム“バルーンカム”の試作機を開発した。

プロジェクターなどの機材と組み合わせた新たなイベント演出の実現を目指し、実証実験を行いながら実用化に向けた開発を進めていく。

【背景】
スポーツやイベントなどにおける演出が高度化する中、当社はプロジェクターやカメラなど高画質映像ソリューションを核とした感動体験を提供してきた。

スポーツやイベント演出を手掛けるユーザーからは、より大きな感動を実現するエンターテインメントソリューションの要望が寄せられており、このような中、映像ソリューションを活用したイベント演出の更なる進化に向け、ドローンと大型風船を組み合わせた“バルーンカム”の試作機を開発した。

we-developed-a-prototype-of-a-sporting-event-director-for-the-drone-of-a-combination-of-drone-and-a-large-balloon-balloon-cam20160702-1

【試作機の特長】
“バルーンカム”は、ドローンを大型風船で包んだ、全く新しい構造の演出ツール。風船内にドローン全体を組み込んだ構造とすることで、安全性を高めている。

さらに、プロペラの推進力を最適制御することにより、飛行の安定性と機動性を両立したこれまでにないドローンシステムとなっている。バルーンカムの機体にカメラやLED、プロジェクターを搭載することで、ボディ全体を生かした光の演出や情報表示を実現する。

ボディ全体を生かした驚きの演出
バルーンカム表面を活用した映像、光の演出/サイネージなど驚きと感動を与える演出が可能。また、柔軟なボディがやわらかな雰囲気と親しみやすさを演出する。

機動性と長時間飛行の両立
4つのプロペラの推進力で演出に合わせて会場を自由自在に移動します。また、大型風船の浮力を活かした省エネ飛行で、長時間の演出にも対応できる。

臨場感のある空撮を実現
ドローンが大型風船で包まれた構造により、観客の直近/直上を飛行して、臨場感のある空撮が可能になる。

同社では、今後、新しいエンターテインメントソリューション、サービスの提供に向けて、ボディの形状やバルーンカム特有の制御技術の開発、ノウハウの蓄積などを進めていく。

なお、本試作機は、6月29日(水)~7月1日(金)に東京ビッグサイトで開催されるコンテンツ東京2016 第2回 先端コンテンツ技術展の当社ブースに出展する。(ブース番号:西1ホール【1-14】)