ヤマハ発動機のコミュニケーションプラザ、累計来館者数200万人に到達


100万人到達から、5年11ヶ月での200万人達成

ヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市、社長:柳弘之、以下、ヤマハ発動機)の企業ミュージアム「コミュニケーションプラザ」は1月9日に、開館以来の累計来館者数が200万人に到達し、200万人目となった来館者に記念品の贈呈を行った。

累計来館者数100万人は、設立から10年6ヶ月にあたる2009年2月28日に達成したが、今回の200万人は、その日から5年11ヶ月での達成となった。

コミュニケーションプラザは、当社の創立40周年記念事業として企画され、第43回創立記念日にあたる1998年7月1日にオープンし、今年で設立18年目を迎える施設。

同社の「過去、現在、未来」を解き明かすスペースとして、製品展示をはじめ、当社の最新技術や活動についての展示をしている。

また、エンジン分解組立教室など子ども向けイベントの開催や、プラザカフェでは地産地消にこだわったランチプレートなどオリジナルの軽食・飲み物の提供も行っている。

2015年7月にはリニューアルを行い、同社のデザインと技術を芸術的に紹介する「デザイン・技術展示スペース」の新設や、ボートの操船シミュレーター「ヘルムマスター」をはじめとした体験コーナーの追加などにより、さらに交流を促進させる場となっている。

<ヤマハ発動機株式会社 コミュニケーションプラザ>
TEL.0538-33-2520 FAX.0538-33-2530
ウェブサイト