ヤマハ、拡大する南アジア二輪車市場へ布石


yamaha-strategic-move-to-south-asian-motorcycle-market-to-expand20140428-1-min

パキスタン二輪車製造拠点の稼動開始

ヤマハ発動機株式会社は、2014年4月から建設を進めていたYamaha Motor Pakistan(Private)Ltd(以下 YMPK)の二輪車製造工場を完成させ、4月27日に稼動セレモニーを行ったと発表した。

新工場は、カラチ市のBin Qasim(ビンカシム)工業団地に、20万㎡の土地を確保し、延床面積17,000㎡の工場建屋を建設。

従業員は約 200人で、すでに操業を開始している。稼動初年度の2015年は、3万台の生産を予定しており、来る2020年には、年産30〜40万台規模を目指す。

ヤマハにとっては2度目のパキスタン進出

ヤマハは、1975年に同国の Dawood(ダウッド)グループと合弁契約を締結して、ヤマハブランドの二輪車製造・販売の合弁事業を行っていた。

その後、2008年に合弁契約を解消、2012年 6月までは技術援助契約にのっとりDawoodグループによるヤマハブランド二輪車の製造・販売が継続されていた。

yamaha-strategic-move-to-south-asian-motorcycle-market-to-expand20140428-9-min

そこで以降、ヤマハは、自社単独でのパキスタン再進出を模索。2013年にYMPK設立して、今回の工場稼動に至った。

パキスタンの二輪車市場は2020年に300万台超へ

同国の人口は、現在約1億8,000万人で、2020年には2億人に達すると見られている。また二輪車市場は、人口増加に伴う旺盛な消費活動を背景に2014年には165万台に達し、さらに2020年には300万台を超えるものと予想されている。

yamaha-strategic-move-to-south-asian-motorcycle-market-to-expand20140428-8-min

このたびの新会社設立・工場稼動は、需要が拡大するパキスタン二輪車市場に対するヤマハの再参入であり、新中期経営計画で掲げる「事業規模拡大」の具現策のひとつとなっている。

先の4月27日に行われた工場稼動セレモニー

ヤマハ・モーター・パキスタンの概要
社名:Yamaha Motor Pakistan (Private) Ltd
所在地: パキスタン シンド州 カラチ市
設立:2013年3月26日
工場稼動:2015年4月27日
代表者: 社長 伊藤 靖
資本金: 53億パキスタンルピー(約 62億円)
※1ルピー=1.17円で換算
出資:ヤマハ発動機株式会社 100%
事業内容:二輪車の製造・販売
従業員数:約200名
生産能力:2015年4万台、2020年 40万台(予定)

その他の新着記事
スバル、ニュルブルクリンク24時間パブリックビューイング開催
ダイハツ、5月のスペシャルイベントで「第3のモデル」を展示
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始、民間初
週刊「NISSANスカイライン2000 GT-R KPGC10」先行予約開始
パナソニック、欧州のパワーエレクトロニクス展示会に出展
ダイハツ、ムーヴとタントに「スマートアシストⅡ」を搭載
オートバックスセブン、車買取・販売の新訴求CMを開始
ホンダ、「UNI-CUB β」イタリア・ミラノ万博デビュー
求人情報サイトAN、DODAでプロレーサー募集中6/15まで
VW、ピエヒ会長辞任。モータースポーツ活動に変化はあるか
アルファ・ロメオ、ジュリエッタスプリントに2台の特別仕様車
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露
SUPER GT第2戦、富士専用空力仕様でハイスピードバトルに挑む
日産、JUKE by YOUの最優秀作品を正式発表

マツダ、デミオ Mid Century / Urban Stylish Mode発売
日産デイズ ルークス エマージェンシーブレーキ全グレード標準化
スズキの欧州販売車VITARAが、ユーロNCAP評価で5つ星を獲得
マツダ、特別仕様車ベリーサNoble Coutureを発売
無限、新型STEP WGNカスタムパーツ発表
ホンダ、VEZELの装備拡充・4WD車の設定追加
メルセデスベンツ、E 250クーペ/カブリオレの本革シート標準化
BMW 「M」に限定車、3シリーズM Sport Style Edge登場
ホンダ、新型ステップ ワゴン、ステップ ワゴン スパーダ販売開始
トヨタ、中国開発のカローラ&レビンハイブリッドを発表
第26回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル開催

WeightymattersサイトTOPに戻る