ヤマト運輸とディー・エヌ・エー、自動運転社会を見据えた「ロボネコヤマト」プロジェクトを開始


4月17日より藤沢市の限定エリアにて新しい受取り方を検証する2つの実用実験を行う

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区・代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)とヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区・代表取締役社長:長尾 裕、以下ヤマト運輸)は、2017年4月17日(月)から翌2018年3月31日(土)の期間、国家戦略特区である神奈川県藤沢市の鵠沼海岸、辻堂東海岸、本鵠沼の各エリアにて、自動運転社会を見据えた「ロボネコヤマト」プロジェクトの実用実験として、新しい受取り方を検証する2つのサービスを開始する。

4月17日から行われる実験では、車内に保管ボックスを設置した専用EV車両を使用する。

そのひとつは、荷物の受け取りの時間帯を10分刻みで指定でき、配送物を受け取る顧客が荷物を望む時間帯に望む場所で受取ることができるオンデマンド配送サービス「ロボネコデリバリー」。

そして地元商店の商品をインターネット上で一括購入し、運んでもらうことができる買物代行サービス「ロボネコストア」。

この2つのサービスを、対象エリアにで居住の顧客に対して提供・体験する実証実験を行う。

これは今実施両社の将来の自動運転社会を想定した実験であるものの、現時点では原則としてドライバーによる有人運転によるサービス提供を行っていく。

但し、ドライバーは荷物の発送・受取りには関与せず、荷物を受け取る顧客自身が荷物を車両から取出す。

なおヤマト運輸では、体験中に置いてサービス受容性の検証や、サービス利用時の細かな要望収集を行っていく。この実証実験を通じて来る2018年を目処に、一部の配送区間における自動運転の導入も予定している。

また、この実用実験の実施は、国家戦略特区である神奈川県、藤沢市等の関係各所の支援を得て実現した。

今回実施のふたつの実証実験サービスの概要は以下の通り

オンデマンド配送サービス「ロボネコデリバリー」
– 実施時期 :2017年4月17日(月)から2018年3月31日(土)
– サービス内容 :オンデマンド配送サービス「ロボネコデリバリー」は、顧客が望む時に望む場所で荷物を受取ることができる配送サービスである。

– 配送時間:10分刻みで選択が可能で、最寄駅や会社など、対象エリア内であれば、自宅以外の場所でも受取りが可能。冷凍・冷蔵品にも対応しており、荷物の到着予定時刻の3分前には、スマートフォン等に自動音声で到着を通知する。指定場所に到着した荷物は、顧客自身で保管ボックスを開けて取出す。
– 配送対応時間:毎日8:00~21:00
– 利用料金:無料
利用方法:スマートフォン・タブレット・PCから「クロネコメンバーズ」会員登録後、荷物の受取り日時・場所を指定。

買物代行サービス「ロボネコストア」
– 実施時期:2017年4月17日(月)から2018年3月31日(土)
– サービス内容:買物代行サービス「ロボネコストア」は、インターネット上の仮想モールから、対象店舗の商品を一括購入できるサービス。
複数の地元商店の異なる商品を、自宅や外出先にいながらまとめて注文・受取ることが可能。冷蔵・冷凍品にも対応しており、荷物の到着予定時刻は、スマートフォンからリアルタイムで確認することができる。指定場所に到着した荷物は、顧客自身で保管ボックスを開けて取出す。

配送対応時間:8:00~21:00間で、店舗の営業時間に準じる。
対象店舗:本鵠沼商店街、鵠沼海岸商店街、プチモールひがし海岸などの商店街を中心に約20店舗を予定。
利用料金:注文総額が3,000円未満の場合:324円(税込み・実用実験期間の特別価格)
注文総額が3,000円以上の場合:無料。
利用方法:スマートフォン・タブレット・PCから上記URLにアクセス。無料会員登録後、仮想モールからクレジットカード決済(株式会社ペイジェントの決済システムを利用しての決済)で商品を購入。

実用実験 対象エリア
神奈川県藤沢市の一部地域:
– 鵠沼海岸1丁目~7丁目
– 辻堂東海岸1丁目~4丁目
– 本鵠沼1丁目~5丁目(人口約30,000人、12,000世帯)

「ロボネコヤマト」プロジェクト 公式サイトURL:

「ロボネコヤマト」プロジェクト コンセプトムービーURL: