ヤナセ、鳥取県鳥取市にメルセデスベンツ認定中古車拠点新設

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

県道沿いに店舗を開設し、メルセデス・ベンツ認定中古車販売を強化へ

株式会社ヤナセ(本社:東京都港区、社長:𠮷田 多孝)は、メルセデス・ベンツのサーティファイドカー(認定中古車)を取り扱う「メルセデス・ベンツ米子 鳥取サーティファイドカーセンター」を新設し3月2日に営業を開始する。

ヤナセが鳥取県に販売会社を新設したのは1962(昭和37)年。後の1991(平成3)年に特約販売店として鳥取ヤナセ株式会社に社名変更。

2007(平成19)年には関係会社として、株式会社ヤナセ鳥取に社名変更した。その後 2017(平成 29)年にヤナセ鳥取の業務をヤナセ 中国営業本部に引き継ぎ、以降、約60年にわたり鳥取エリアでの営業を続けてきている。

今回新設される「メルセデス・ベンツ米子 鳥取サーティファイドカーセンター」は、「ヤナセ鳥取 鳥取中古車センター」が前身。2007(平成19)年9月に開設された同拠点は、メルセデス・ベンツ認定中古車販売の強化を目的に交通量の多い県道 318 号(伏野覚寺線)沿いに新設された。

拠点所在地はJR山陰本線「湖山駅」から徒歩約15分、県道318号と国道29号の交差点「安長北」から西に450mに位置している。

黒を基調とした新展示場には20台を展示し、店内には商談テーブル4席とインフォメーションカウンターが設置されている。なお同センターは「メルセデス・ベンツ米子 鳥取サービスセンター」を併設し、鳥取県米子市に開設している新車販売拠点「メルセデス・ベンツ米子(ヤナセ米子支店)」と共に、鳥取エリアの新車・中古車販売とアフターサービスのさらなる強化を目指す。

なおこの「メルセデス・ベンツ米子 鳥取サーティファイドカーセンター」のオープンにより、ヤナセグループ運営の「メルセデス・ベンツ サーティファイドカーセンター」は22 店(鳥取県1 店)、「メルセデス・ベンツ サーティファイドカーコーナー」は全国43 店(鳥取県1 店)になった。

店名:メルセデス・ベンツ米子 鳥取サーティファイドカーセンター
所在地 :〒680-0931 鳥取県鳥取市岩吉 175-4
連絡先 :TEL:0857-28-5611
責任者 :小幡 佳之
スタッフ数 :4 名(責任者含む)
敷地面積 :2,058.39㎡(商談棟床面積:148.30㎡)
展示台数 :20 台
営業時間 :9:30-18:00 <3 月 2 日(土)~3 日(日)にオープニングフェア開催>
定休日 :月曜日、年末年始