横浜ゴム、産業車両用タイヤ会社を買収。生産財タイヤ事業拡大路線を日本国内に於いても強化・拡大へ

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜ゴム株式会社(本社:東京都港区新橋、代表取締役社長:野地彦旬、以下、横浜ゴム)は1月6日、生産財タイヤ事業の拡大のため、愛知タイヤ工業株式会社(本社所在地愛知県小牧市、以下 愛知タイヤ工業)の全株式を取得することを同社の株主と合意。2017年3月中の買収完了を目指すと発表した。

今回買収計画を実行するとした愛知タイヤ工業は、産業車両用タイヤであるクッションタイヤやソリッドタイヤの製造・販売を日本を中心に事業展開し、日系の産業車両メーカーと広く取引を行っている。

そうしたなか現在、横浜ゴムは中期経営計画「GD100」のフェーズⅣ(2015年~2017年)に取り組んでおり、このタイヤ事業戦略の柱のひとつとして「生産財タイヤ事業の拡大に向けた戦略」を掲げている。

この方針にそって2015年10月には、米国ミシシッピ州のトラック・バス用タイヤ新工場を稼動させ、2016年7月にはオフハイウエイタイヤの専業メーカーであるAlliance Tire Groupを買収し拡大を促進している。

こうした流れを踏まえ、今回の愛知タイヤ工業の買収により、日本国内に於いても生産財タイヤ事業をいっそう強化・拡大させる意向だ。

愛知タイヤ工業の概要
社名 :愛知タイヤ工業株式会社
所在地:愛知県小牧市大字大草字年上坂5827番地1
主要事業:産業車両用タイヤの製造販売(クッションタイヤ・ソリッドタイヤ)
工業用ゴム製品の製造販売・施工
生産拠点:小牧工場、春日井工場(ともに愛知県)
設立年月:1942年7月
取締役社長:長瀬 正義
資本金:98百万円
売上高:74億円(16年3月期)
営業利益:5.9億円(16年3月期)