横浜ゴム、33年連続でマカオグランプリをサポート


横浜ゴム株式会社(本社:東京都港区新橋、代表取締役社長:野地彦旬、以下、横浜ゴム)は、11月19日から22日にマカオ(中国)で開催される「第62回マカオグランプリ」にADVANレーシングタイヤを供給する。

同レースへのタイヤ供給は33年連続。その他のサポートレースでも多くの車両がヨコハマタイヤを装着するなど同グランプリにとってヨコハマタイヤは欠かせない存在となっている。

yokohama-rubber-and-support-the-macau-grand-prix-at-33-years-in-a-row20151116-2
マカオ・フォーミュラ3(2014年)

マカオグランプリは、マカオ中心地の公道で行われる世界的に有名な市街地レースで、横浜ゴムは国際格式のF3マシンで競うようになった1983年からサポートを開始。

サーキットとは異なり、市街地コースに合わせたタイヤ特性が求められる同グランプリを30年以上支えてきた。

メインレースのF3グランプリは「F3世界一決定戦」とも呼ばれ、故アイルトン・セナ選手やミハエル・シューマッハ選手などF1のトップドライバーには同レースで活躍した選手も多い。

今年は日本人ドライバー4名を含め、世界各国のF3選手権上位者28名が参戦する。

なお、マカオグランプリの解説やレース情報などはモータースポーツサイト<  >、及びツイッター<  >、<  >に随時掲載していく。