横浜ゴム、ショートムービー「雨の出会い坂」を公開し同社製品のウェット性能を訴求


横浜ゴム株式会社(本社:東京都港区新橋、代表取締役社長:野地彦旬、以下、横浜ゴム)は、1月13日より、製品訴求のためオリジナルショートムービーシリーズ「雨の出会い坂」を公開した。

同社はこのシリーズムービーを通じて、国内ラベリング制度で最高ランクのウェット性能「a」を186サイズ保有するヨコハマタイヤの認知度向上と、履き替え需要の掘り起こしを狙う。

また併せて、消費者のウェット性能に対する意識向上を図る。ショートムービーは1月、3月、5月、7月、9月、10月の第2金曜日に全6話を公開していく。

各回完結でありながらも、全話繋がりのあるストーリーで、毎回変わる主役とオリジナルのエンディングソングも見どころとなっている。

1月13日公開の第1話「雨の日は、急に誰かに会いたくなって」では團遥香(だん・はるか)さんが主演。

自分の将来を決めきれず、第一歩が踏み出せないでいる就職浪人中のフリーターを演じる。エンディングソングにはMs.OOJA(ミス・オオジャ)の本シリーズだけのオリジナル楽曲「エール」が使用されている。

なおショートムービーは、ヨコハマタイヤWEBサイト内の特設ページ< >およびYouTube< > などで視聴できるほか、公式< >およびFacebook< >でも順次公開する。