ゼンリンデータコム、位置情報ゲーム向け地図サービスの提供を開始


株式会社ゼンリンデータコム(所在地:東京都港区港南、代表取締役社長:清水 辰彦)は、この度、位置情報ゲーム向け地図サービスの提供を開始した。

 このサービスは、現在ブームとなっている位置情報ゲームで地図を利用する際に従来のイラストなどによる地図とは違い、ゲームの世界観を重視し現実の世界とマッチさせたオリジナルデザインマップを提供することが可能。

同社にはサービスの可用性を確保するクラウド環境が整っており、アクセスが集中した際も滞りなくサービスを利用できるため、ゲームをはじめエンターテインメントサービスなどで幅広く活用可能という。

その特徴は、時間に合わせた日陰の表示や昼夜の背景、天候など、現実世界で起こっていることをリアルタイムで地図に反映できること。
危険箇所侵入のリスクを排除する立ち入り禁止区域判定機能も実装。ブラウザ、アプリどちらにも対応可能とし、AR、VRサービス作成の際のサポートツールとして活用可能となっている。

さらにマルチプラットフォームゲームエンジンUnity(ユニティ)にも対応をしており、提供価格についてはアクセス課金ではなく、アプリ・サービスの売上に応じたレベニューシェアが可能としている。
サービス紹介サイト: