国土交通省、タカタ製エアバッグ関連リコールの改修促進を加速

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

リコール対象車の使用者に対して、国土交通省から直に改修促進を促す意向

国土交通省は4月28日、タカタ製エアバッグ・インフレータに係るリコールの回収状況が3月末時点で54%となっていることを鑑み、タカタ製エアバッグ・インフレータの改修対象車両を保有するエンドユーザーに向け、国土交通省名にてダイレクトメールを送付する事を決定・発表した。

accelerate-the-ministry-of-land-infrastructure-and-transport-repair-promotion-of-takata-made-air-bag-related-recall20160428-1
今対象車両並びに未実施車両の概要数値

目下、タカタ製エアバッグ・インフレータに係るリコールが平成21年以降に届出されて以降、その対象台数は1,260万台に達しており、現在のリコールの改修状況は3月末時点で54%に留まっている。

これまで国土交通省は、自動車メーカー及びタカタに対して早急な改修を指導すると共に、未改修車両のユーザーに対しては、車検証交付時に警告文を交付してきた。

一方、本年3月31日、米国に於いて2002年製のタカタ製エアバッグ・インフレータを搭載した車両事故時にエアバッグが異常展開し、運転手が死亡する事故が発生している。

同省では、このような状況を踏まえ、更にタカタ製エアバッグ・インフレータの改修を促進するため以下により、国土交通省としても未改修車両のユーザーに対して、ダイレクトメールを送付することにしたと云う。

併せて、自動車メーカーによる改修の取組のみでは改修を実施していないユーザーの一部に対しては、ユーザーの意識調査を兼ねて、国土交通省職員による個別宅への訪問をさらに丁寧に実施していくとしている。

<ダイレクトメールの送付の概要>
【送付の対象範囲】
米国等に於いて、死亡事故等の原因とされている運転席側タカタ製エアバッグ・インフレータであって、以下のリコールの未改修車両。

【送付の内容】
自動車メーカーと国土交通省の連名の封筒により、自動車メーカーからと併せて、国土交通省からの通知内容も同封して送付する。
【発送時期】
関係自動車メーカーにおいて準備が整い次第、順次送付

なお同省からのダイレクトメールの概要は以下の様なものとなる見込み

タカタ製エアバッグのリコール対象車をご使用の皆様へのお知らせ
~ 早急にエアバッグの無償改修作業を受けて下さい ~

あなたの自動車にはタカタ製エアバッグが搭載されており、不具合が発生する可能性があるため、道路運送車両法に基づくリコール(無償改修)の対象となっています。

このエアバッグの不具合は、エアバッグが作動する際に、内部の部品が破損してその破片が飛び散り、それによって乗員が怪我をしたり、出火したりするおそれがあるというものです。

米国等においては、これまで関連する事故で少なくとも8人が死亡しています。日本国内においても、6件の事故が確認されており、昨年10月には、リコールの改修が終わっていなかった車両において負傷事故が発生しています。

リコールの改修を受けないまま車両を使用していると、ご自身だけでなく、同乗者に対しても重大な被害を与えるおそれがありますので、早急に改修を受けてください。なお、改修は無償です。

改修は、自動車メーカーの販売店(ディーラー)において実施しています。

自動車メーカーからのダイレクトメールに記載された販売店等に連絡し、速やかに入庫の手配をして下さい。
平成28年5月
国土交通省自動車局

以上