アイシン、中国でのアルミダイカスト部品の生産能力を増強

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

アイシングループは、中国における乗用車用オートマチックトランスミッション(以下A/T) の生産量拡大に対応するため、安徽环新集团有限公司との合弁で、A/T用トランスミッションケースなどアルミダイカスト部品の生産を行う「愛信(安慶)汽車零部件有限公司」を設立した。

同社グループは中国で唐山、台州、佛山と3つのアルミダイカスト生産工場から中国各地のA/T及びエンジン生産工場へアルミダイカスト部品の供給を行っている。

今回の新会社設立により、主に華東地区のグループ内A/T生産工場への供給能力が増強される。

新たに設立した会社では、2017年8月に稼働を開始した西尾ダイカスト工場南棟(愛知県西尾市)で取り入れた技術(省エネルギー・作業環境を考慮した建屋・設備設計、自動化率の高い生産ライン)を導入し、安全で働きやすく、高品質の製品を提供できる工場づくりを目指す。

新会社の概要
1.社 名:愛信(安慶)汽車零部件有限公司
2.設 立:2019年1月
3.所在地:安徽省安慶市
4.資本金:237百万元(40.3億円) ※為替レート:1元=16円
5.出資比率:アイシン精機株式会社 85% 安徽环新集团有限公司 15%
6.代表者:総経理 木地本達也
7.生産品目:(A/T用)トランスミッションケース
8.建屋面積:29,400平方メートル
9.生産開始:2020年8月
10.従業員数:約150名(2020年末予定)