オートバックス、公益社団法人自動車技術会主催の全日本学生フォーミュラ大会をスポンサード

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

大会出場 5 校(東北大学・茨城大学・福井大学・名古屋工業大学・九州大学)の支援も実施

株式会社オートバックスセブン(本社:東京都江東区豊洲、代表取締役社長執行役員:小林喜夫巳、以下、オートバックス)は、今年も公益社団法人自動車技術会が主催する全日本学生フォーミュラ大会の大会スポンサーに就任。併せて出場予定の東北大学、茨城大学、福井大学、名古屋工業大学、九州大学の5 チームを支援する。

写真は、2016 年の第14 回全日本学生フォーミュラ大会出場全チーム(画像提供:公益社団法人 自動車技術会)

全日本学生フォーミュラ大会は、学生が自ら構想・設計・製作した車両により、ものづくりの総合力を競うもので、産学官民で支援することで自動車技術ならびに産業の発展・振興に資する人材を育成することを目的に開催されている。

大会は、2003年に第1回大会が開催。開催10年目となった2013年からは電動車両(EV)での競技もはじまり、将来技術のものづくりの機会の場にもなっている。

今年で15回目を迎える2017年の大会は、9月5日(火)~9日(土)の5日間、静岡県袋井市と掛川市にまたがる小笠山総合運動公園エコパにて開催予定で、国内外から約100チームが出場する予定だ。

この大会にオートバックスセブンは2014年より、出場する2チームに対しレーシングスーツやシューズなどの物品面と活動費用などの資金両面で支援を開始。

以降、クルマに向き合う学生の活動を応援してきた。そして昨年の第14回大会からは大会スポンサーとしても参画。今大会に於いても引き続きスポンサー企業として大会を支援すると共に、前回大会よりも3チーム多い5チームのチーム支援を行う。

また、大会期間中の2日間は、同社の参画するモータースポーツ車両の展示なども行う予定となっている。

なお今大会の開催概要、ならびにオートバックスセブンが支援を行う5 チームの詳細は、下記の通り。

大会名称 :第 15 回 全日本 学生フォーミュラ大会 -ものづくり・デザインコンペティション-
主催 :公益社団法人自動車技術会 大会開催期間 2017 年 9 月 5 日(火)~9 日(土)
当社:ブース出展日(予定) 2017 年 9 月 8 日(金)~9 日(土)
会場 :エコパ(小笠山総合運動公園・静岡県)
出場予定 :国内外 98 チーム(ICV(ガソリン)クラス 83 チーム、EV(電気)クラス 15 チーム)
大会Web サイト :http://www.jsae.or.jp/formula/jp2/index.html 

東北大学フォーミュラチームTUFT
・EV(電気自動車)クラス
2013 年の第11 回大会から4 年連続でEV クラスに出場。昨年の第14 回大会では過去最高の順位を獲得し、ベスト電気回路設計賞2 位を受賞している。
今年は「強いチーム」「強いマシン」をコンセプトに、信頼性の向上に焦点を当てたマシン開発を目指す。今年度は新入生を迎え、計15 名で活動している。
チーム web サイト:http://tuftev.web.fc2.com/
Twitter アカウント:https://.com/tuft_ev 

茨城大学Formula-SAE 部IUR
・ICV(ガソリンエンジン)クラス
2004 年にチームが発足してから今年で 13 年目を迎える。自動車やバイクへの興味関心の高い部員が多く、昨年の第 14 回大会では 92 校中総合 15 位という結果を得ている。
今年のマシンコンセプトは ” Fastest withEase”とし、誰もが簡単に速く走れる車両を目指し総合優勝を狙っている。今年度は新入生を迎え、計 22 名で臨む。
チーム web サイト:http://www.iur-family.com/ 
アカウント:https://goo.gl/nMz0n1

福井大学フォーミュラカー製作プロジェクト FRC
・ICV(ガソリンエンジン)クラス
2006 年第 4 回大会から出場している。昨年はその前の大会から 42.13 点アップし 92 チーム中 39 位と順位を上げた。
今年度は”旋回性と操作性の追求”をマシンコンセプトとしており、ドライバーからのフィードバックをもとにマシンづくりにアプローチしていく。今年度は新入生を迎え、計 26 名で臨む。
チーム web サイト:https://fukui-frc.jimdo.com/ 
アカウント:https://.com/frcfukui 

名古屋工業大学フォーミュラプロジェクト N.I.T.
・ICV(ガソリンエンジン)クラス
2002 年から活動をしている歴史あるチームで、2003 年に始まった第 1 回学生フォーミュラ大会から出場している。2015 年の第 13 回大会と昨年の第 14 回大会で 2 年連続総合 3 位という結果を残しており、今年は悲願の総合優勝を狙うべく活動を行っている。今年度は新入生を迎え、計 27 名で臨む。
チーム web サイト:http://www.qitc.nitech.ac.jp/formula/ 
アカウント:https://.com/NIT_Formula/ 

九州大学フォーミュラプロジェクトチーム 9F
・ICV(ガソリンエンジン)クラス
2013 年に 6 名のメンバーから活動を開始し、昨年の第 14 回大会に初出場した。今年の第 15 回大会では昨年かなわなかった「全種目完走」を目標に掲げ、軽量化・応答性の向上を軸とし
た運転しやすいマシンの設計・製作に臨む。現在は女子部員、留学生など多彩なメンバー29 名で活動している。
チーム web サイト:
http://kyushu-univformula9f.wixsite.com/9formula 
Twitter アカウント:https://.com/kyudai_formula 

掲載記事・該当企業に関する問い合わせ
オートバックスお客様相談センターフリーコール:0120-454-771
受付時間:平日 9:00~12:00 13:00~17:30