ビー・エム・ダブリュー日本法人、新型BMW M3とBMW M4並びに両コンペティションを発表

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビー・エム・ダブリュー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ペーター・クロンシュナーブル、以下BMW)は、BMW M3ならびにBMW M4を一新し、全国のBMW正規ディーラーで本日より販売を開始する。

なお新型モデルの発表にあわせ、BMW M3コンペティションならびにBMW M4コンペティションをラインアップに追加する。

BMW M3は、サーキットでの最高の運動性能と日常走行における高い実用性を併せ持ち、1986年の初代モデルの登場以来、長年にわたり高性能スポーツ・カーセグメントのベンチマークの地位を確立してきたモデルである。

現在、第5世代目のBMW M3が販売されているが、その前世代BMW M3クーペの後継モデルとしてBMW M4が販売されている。

今回のモデル・チェンジでは、フロント・デザインにおいてはデイタイム・ランニング・ライト機能付きの新世代ヘキサゴナル・デザインのアダプティブLEDヘッドライト、リア・デザインにおいてはLEDテールライト※、ブラック・カラーの19インチ・アロイ・ホイールを採用。

これらの装備により、精悍で存在感のあるデザインとした。さらに室内においては、上質な音色を奏でるharman/kardonサラウンド・サウンド・システムに加え、カーボン・ファイバー・トリムを標準装備し、BMW M3 / M4を駆る歓びを更に高めている。※BMW M4のみ(M3は、すでに採用済み)

BMW M3コンペティション並びにBMW M4コンペティションについて
BMWの高性能モデルBMW M3ならびにBMW M4の圧倒的なパフォーマンスを更に向上させると同時に、サーキット走行における卓越したダイナミズムを提供するモデルが、BMW M3コンペティションならびにBMW M4コンペティションである。

自然吸気エンジンのような官能的な吹け上がりと、ターボ・テクノロジーによる圧倒的なパワーを併せ持つ3リッター直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンの最高出力を、標準モデルより14kw(19ps)アップの331kw(450ps)まで高めることにより、0-100km/h加速(ヨーロッパ仕様車値)4.0秒の圧倒的な動力性能を実現している。

エンジン・パフォーマンスの向上に対応し、ダンパーおよびスタビライザーの特性を専用に変更したアダプティブMサスペンションを設定し、また、電子制御式多板クラッチによりパワーを左右リヤ・ホイール間で自在に配分するアクティブMディファレンシャルやDSCにも専用のチューニングを施し、トラクション性能をさらに向上させている。

さらに、専用Mスポーツ・エキゾースト・システムが、聴覚に訴えかけるパワフルかつ官能的なエンジン・サウンドを奏でることが可能である。

デザイン面においては、軽量構造の20インチ鍛造Mライト・アロイ・ホイール・スタースポーク・スタイリング666M、ハイグロス・ブラック仕上げのキドニー・グリル、ブラック・クローム仕上げのデュアル・エキゾースト・テールパイプといった専用エクステリアを装備。

これらがコンペティション・モデルとしての圧倒的な存在感を主張し、室内空間においては、激しいスポーツ走行においても身体をしっかりと支える軽量構造の専用Mスポーツ・シートに加え、Mストライプが施された専用シートベルトがスポーティかつ特別感を演出している。

メーカー希望小売価格(消費税込み)
モデル名:BMW M3
トランスミッション:M DCT
希望小売価格:¥ 11,850,000-

モデル名:BMW M3 Competition
トランスミッションM DCT
希望小売価格¥ 12,560,000-

モデル名:BMW M4
トランスミッション:MT
希望小売価格:¥ 11,570,000-

モデル名:BMW M4
トランスミッション:M DCT
希望小売価格:¥ 12,080,000-

モデル名:BMW M4 Competition
トランスミッション:M DCT
希望小売価格:¥ 12,790,000-