ブリヂストン、プレミアムブランドのPOTENZAを軸に「東京オートサロン2017」に出展

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ブリヂストン(本社:東京都中央区京橋、代表取締役CEO 兼 取締役会長:津谷正明、以降、ブリヂストン)は、2017年1月13日(金)~15日(日)の3日間、幕張メッセ(千葉市)で開催される「TOKYO AUTO SALON 2017」(以下、東京オートサロン2017)に出展する。

同社ブースでは、サーキットを基盤に歩む、当社の国内外におけるさまざまなモータースポーツ活動と、「最高の走りの歓び」を足元から支えていくグローバル・プレミアム商品ブランド「POTENZA」を軸に、「クルマを操る楽しさ」「人とタイヤが一体となる楽しさ」を表現していく。(場所:西ホール3)

出展概要は以下の通り

(1) POTENZA/モータースポーツ展示
「POTENZA S007」を新車装着する「Aston Martin DB11」や、本年より「POTENZA」のレーシングタイヤを装着する「SUPER GT 300クラス」の車両展示。

「POTENZA RE-06D」を装着し「TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race」の2016年プロフェッショナルシリーズでチャンピオンを獲得した車両。

さらに「POTENZA RE-71R」を装着した「日産フェアレディZ」を展示し、「最高の走りの歓び」を足元から支える「POTENZA」の世界感を演出する。

(2)トークショー
「IndyCarシリーズ」、「SUPER GT」、「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」、「TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race」を展示。

その他、「ジムカーナ」の参戦ドライバー等、数多くのゲストを招いたトークショーを開催し、モータースポーツの楽しみ方やレースにおける「POTENZA」の重要性など、さまざまな情報を発信していく。

ブリヂストンでは、「チューニング/ドレスアップのための商品や技術、およびこれらを用いたカスタムカーの世界最大級の展示会である『東京オートサロン2017』、並びに当社ブースへの皆様のご来場をお待ちしています」と来場を呼び掛けている。