ブリヂストン米国子会社とペップ ボーイズ社、買収に関する契約の改定に合意

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

bridgestone-expansion-regno-gr-xi-size20150529-4-min

株式会社ブリヂストン(本社:東京都中央区京橋、代表取締役CEO 兼 取締役会長:津谷正明、以降、ブリヂストン)は、米国内に於ける製品販売網を大きく拡大するため、予てより同国当地の自動車用品小売大手「ザ ペップ ボーイズ - マニー、モー アンド ジャック」(以下、ペップ ボーイズ社)の買収交渉を重ねてきた。

そしてこの12月12日(日本時間)、対象企業の買収条件を1株当たりの買い取り価格換算で、現状の現金15ドルから、現金15.5ドルにまで引き上げると発表した。

これによりペップ ボーイズ社の買収を巡り、目下、競合先となっている米投資家カール・アイカーン氏率いる「アイカーン エンタープライズ エル ピー」に対抗する。

同対抗策により、これまでの買収総額8億3500万ドル(約1000億円)から、8億6300万ドル(約1035億円)に増える計算となる。

【ここまでの経緯】
ちなみにブリヂストン側と、アイカーン エンタープライズ エル ピーとのここまでの経緯は以下の通りだ。

株式会社ブリヂストンの完全子会社に「ブリヂストン アメリカス インク」(以下、BSA)という企業があり、さらにその傘下に、「ブリヂストン リテール オペレーションズ エルエルシー」(以下、BSRO)が位置する。

このブリヂストン傘下のBSROが、去る10月26日(米国現地時間)、国内外に向けてペップ ボーイズ社を買収する計画並びに契約(Agreement and Plan of Merger)を進めていると発表。

具体的には、上記同月より株式の公開買い付け(TOB)によるペップ ボイーズ社の買収計画に沿って、1株あたりの買い取り額を現金15ドルとしていた。

これに対し、アイカーン エンタープライズ エル ピーが対抗策を打ち出した。それが現金15.5ドルでのペップ ボーイズ社の買い取り提案である。この対抗策により一時、ペップ ボーイズ社側も1株あたりの利益に惹かれ、これを支持する事態となった。

そこでBSROは、アイカーン エンタープライズ エル ピーの提案学と同額の1株当たり現金15ドルから、1株当たり現金15.5ドルに買収額を引き上げに引き上げたという流れだ。

【今後の動向】
この改定後の買付け価格、1株当たり現金15.5ドルにより、ペップ ボーイズ社の株主たちは、現金で約28百万ドル(約33億6千万円)の追加提案を受けたことになる。

これを受けたペップ ボーイズ社の取締役会は、自社株主に対して、アイカーン エンタープライズ エル ピーから提示された1株当たり現金15.5ドルで買付けるという対抗提案については、もはや優位性はなくなったと発表。取締役全会一致で、BSROによる株式公開買付けに応じるよう推奨していく構えになっているという。

今回の株式公開買付けは、今後延長されない限り、2016年1月4日月曜日の午後5時(米国ニューヨーク時間)に完了する予定である。

なおブリヂストン側の意図を汲み、直接的な買収社の立場に立っているBSROは、現在「ファイアストン コンプリート オートケア」などのブランドで、全米に2,200店舗以上の自動車タイヤ販売、自動車整備・補修及び自動車用品を販売する小売店を運営している。

またBSROの直営小売店と、ブリヂストン系列販売代理店を含めると、同社グループは全米で5,000店舗以上の小売店網を構築しており、今回のペップ ボーイズ社買収は、BSROが運営する小売店網の拡大だけではなく、同社グループのグローバル全体での成長を加速させることになる。

【BSA 概要】
1.会社名:Bridgestone Americas, Inc.
(ブリヂストン アメリカス インク)
2.所在地:アメリカ合衆国テネシー州ナッシュビル
3.CEO 兼 President:Gary Garfield(ゲイリー ガーフィールド)
4.資本金:127百万ドル
5.資本比率:株式会社ブリヂストン 100%
6.事業内容:米州事業の統括。

【BSRO 概要】
1.会社名:Bridgestone Retail Operations, LLC
(ブリヂストン リテール オペレーションズ エルエルシー)
2.所在地:アメリカ合衆国イリノイ州ブルーミングデール
3.President:Stu Crum(ストゥ クラム)
4.資本金;1千ドル
5.資本比率:ブリヂストン アメリカス インク 100%
6.店舗数:直営約2,200店舗
(BSAとしてはBSROの直営小売店とブリヂストン系列販売代理店を含め全米で5,000店舗以上の小売店網を構築)
7.小売店ブランド:Firestone Complete Auto Care、Tires Plus、Hibdon Tires Plus、Wheel Works、Firestone Complete Fleet Care
8.事業内容:自動車タイヤの販売、自動車整備・補修及び用品の販売、クレジットカード事業。

【ペップ ボーイズ社 概要】
1.会社名:The Pep Boys – Manny, Moe & Jack
(ザ ペップ ボーイズ - マニー、モー アンド ジャック)
2.所在地:アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア
3.CEO:Scott Sider(スコット サイダー)
4.株式の上場:ニューヨーク証券取引所
5.創業年:1921年
6.売上高:2,084百万ドル(2015年1月期)
7.店舗数:約800店舗(米国35州とプエルトリコ)
8.事業内容:自動車タイヤの販売、自動車整備・補修、自動車用品の販売、トラック・バス用品の配送、フリート(運送用トラックの大量保有事業)の整備・補修など。