「業界WATCH」カテゴリーアーカイブ

テスラのモデル3、ユーロNCAPから5つ星安全評価を獲得

テスラは7月3日、自社のモデル3がユーロNCAPから5つ星安全評価を獲得したと発表した。結果、モデル3はNHTSA(National Highway Traffic Safety Administration)から米国新車アセスメントプログラムの総合評価で、すべてのカテゴリおよびサブカテゴリで5つ星を獲得。これまでに評価された車両の中で負傷する確率が最も低い車となった。

続きを読む テスラのモデル3、ユーロNCAPから5つ星安全評価を獲得

AE86イベント、岡山国際サーキットで8/25開催

株式会社岡山国際サーキット(岡山県美作市滝宮1210)は、1983年から1987年に掛けてトヨタ自動車が製造したカローラレビン/スプリンタートレノ(型式:AE86またはAE85)のみのイベント「AE86 Festival 2019」を8月25日に開催する。

続きを読む AE86イベント、岡山国際サーキットで8/25開催

三菱自と三菱商事、インドネシアのモビリティサービス大手に出資

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄)は、三菱商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:垣内 威彦)とインドネシア発モビリティサービス大手GOJEK社(本社:インドネシア ジャカルタ)に出資し、今後3社で共同プロジェクトを協議するパートナーシップに関する覚書を締結した。

続きを読む 三菱自と三菱商事、インドネシアのモビリティサービス大手に出資

日本政府、韓国への半導体関連品輸出を厳格化。同国市場に激震

日本政府は20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)が成功裡に終えて間もない7月4日、韓国政府に対して半導体などの材料3品目を対象に、輸出許可の手続き厳格化を発動した。(坂上 賢治)

続きを読む 日本政府、韓国への半導体関連品輸出を厳格化。同国市場に激震

クライスラー復活の立役者リー・アイアコッカ氏、94歳で逝去

1970年代に米フォード・モーターの社長を務め、その後、破綻寸前のクライスラー(現、FCA/フィアット・クライスラー・オートモービルズ)会長として同社の復活を采配したリー・アイアコッカ(Lido Anthony Iacocca)氏が7月2日に、カリフォルニア州ベルエアの自宅でパーキンソン病起因による合併症により94歳で逝去した。(坂上 賢治)

続きを読む クライスラー復活の立役者リー・アイアコッカ氏、94歳で逝去

SBドライブ、ハンドルがないバスの公道自律走行を実証

ソフトバンク株式会社傘下のSB ドライブ株式会社(本社:東京都港区、代 表取締役社長 兼 CEO:佐治 友基)は6月27日、自動運転を前提に設計されたハンドルな どがないバス「NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ/仏 Navya社製)」の公道での走行実証を開始すると発表した。

続きを読む SBドライブ、ハンドルがないバスの公道自律走行を実証

ビッグモーター、全29店舗の板金塗装工場でテュフ認証取得

「今回、全29の板金塗装工場でテュフの認証を得られたことで、ビッグモーターの品質が世界基準の板金工場として認められてことになり、他社との徹底化な差別化が図れる」

6月26日、ビッグモーターとテュフ ラインランド ジャパンは共同記者会見を行い、ビッグモーターの全29店舗の板金塗装工場でテュフ ラインランド板金塗装工場認証を取得したと発表。それを受けて、ビッグモーター サービス・PB本部の大賀一哉本部長はこう語った。(経済ジャーナリスト・山田 清志)

続きを読む ビッグモーター、全29店舗の板金塗装工場でテュフ認証取得

e-Gle、中国中車グループとEV用インホイールモーター生産へ

襄陽中車電機技術有限公司と、株式会社e-Gleの中国法人である上海翼科新能源汽車科技有限公司は6月21日、株洲市で新エネルギー自動車産業の進化を牽引するべく提携を発表した。両社はまず自動車メーカー向けにインホイールモーターの生産と、販売を行うプロジェクトから新事業をスタートさせる。

続きを読む e-Gle、中国中車グループとEV用インホイールモーター生産へ

G20エネ環境閣僚会合、EVの燃費基準値が世界的に変わるか

日本がG20エネルギー・環境閣僚会合で「Well to Weel」の燃費基準を提案。実現すれば、自動車メーカーの電動化戦略に影響も

長野県軽井沢町で6月15日から2日間の日程で開かれていたG20エネルギー・環境関係閣僚会合は2日目を迎えた16日、海洋プラスチックごみを減らす各国の自主的な取り組みを定期報告・共有するという国際的な枠組みの創設を採択して閉幕した。( 佃モビリティ総研・松下 次男 )

続きを読む G20エネ環境閣僚会合、EVの燃費基準値が世界的に変わるか

ABボルボ、自動運転EV「ヴェラ」での港湾内輸送を目指す

スウェーデンに本拠を置くABボルボ(本社:ヴェストラ・イェータランド県イェーテボリ、CEO:マーティン・ルンドステッド)は現地時間の6月13日、傘下のボルボトラックで開発を進める自動運転EVの「ヴェラ(Vera)」を、海運会社のDFDSと共に地元イェーテボリ港内の物流輸送に投入する計画を打ち出した。(坂上 賢治)

続きを読む ABボルボ、自動運転EV「ヴェラ」での港湾内輸送を目指す

日野セレガ、運転者の体調悪化を捉え自動停止する機能搭載

日野自動車株式会社(本社:東京都日野市、社長:下義生)は6月14日、車載カメラとAI機能が運転者の体調変化や運転姿勢の異常を検知した際、走行中の車両を自動で止める機能を備えた大型観光バス「セレガ」を来たる7月1日に発売する。(坂上 賢治)

続きを読む 日野セレガ、運転者の体調悪化を捉え自動停止する機能搭載

ボルボ・カーズとウーバー、自動運転用の生産車を発表

浙江吉利控股集団傘下のボルボ・カーズと、米ウーバー(Uber)は日本時間の6月13日(瑞典本国6月12日)、戦略的提携のためのステップとして双方で共同開発した自動運転車の生産車を発表した。

続きを読む ボルボ・カーズとウーバー、自動運転用の生産車を発表

ポルシェジャパン新社長に韓国法人のミヒャエル・キルシュ氏

現・代表取締役社長を務める七五三木敏幸氏は2019年7月31日付で退任

ポルシェジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)は2019年8月1日付で、現在ポルシェコリア(韓国)の社長のミヒャエル・キルシュ(54歳)を新代表取締役社長として迎える。

続きを読む ポルシェジャパン新社長に韓国法人のミヒャエル・キルシュ氏

ルネサス、上海フォルクスワーゲンと共同研究所を設立

中国自動車市場へ向け、両社は次世代の車載アプリケーション開発を強化し、自動車市場の拡大を狙う

ルネサス エレクトロニクス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長兼CEO:呉 文精)は6月10日、上海フォルクスワーゲン(本社:中華人民共和国・上海市・安亭、董事長:陳 虹、チェン・ホン)とオートモーティブ・エレクトロニクス共同研究所を設立したことを発表した。

続きを読む ルネサス、上海フォルクスワーゲンと共同研究所を設立

ディエヌエーと損保ジャパン、定額カーリースの提供開始

ディー・エヌ・エーとSOMPOホールディングスとの合弁会社DeNA SOMPO Carlife(ディーエヌエー・ソンポ・カーライフ)は6月3日、定額支払いのマイカーリース商品「SOMPOで乗ーる」の提供を開始した。

続きを読む ディエヌエーと損保ジャパン、定額カーリースの提供開始

FCA、ルノーとの統合提案を撤回へ。仏政府の介入に嫌気

フィアットの創業家(アニェッリ家)を代表するジョン・エルカン議長が率いるフィアット・クライスラー・オートモービルズ・N.V.(FCA)の取締役会は6月6日の12時04分(欧州時間)、仏ルノーに対して提出した(5月27日)両社・対等統合提案の取り下げを決議。該当事案の撤回に加え、協議そのものの中止をルノー・グループに対して通達した。ルノー側は協議の延長を求めたがFCAはそれを拒否した。(坂上 賢治/NEXT MOBILITY誌面連動記事) 続きを読む FCA、ルノーとの統合提案を撤回へ。仏政府の介入に嫌気

日産自動車の中畔副社長が第2世代プロパイロットの概要発表

日産復活の狼煙に生かし秋のスカイラインを皮切りにプロパイロット2.0(条件次第で手放しが可能)を世界展開へ

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は横浜市の日産グローバル本社に於いて5月16日、新役員体制のスタートと同時に自動運転機能を持つ第2世代の「プロパイロット2.0」(17日からTVCMのオンエアも開始する)の記者発表を行った。(佃モビリティ総研・松下 次男/媒体編集長・坂上 賢治)

AD/ADAS(エーダス)先行技術開発部部長の飯島徹也氏。
AD/ADAS(エーダス)先行技術開発部部長の飯島徹也氏。

続きを読む 日産自動車の中畔副社長が第2世代プロパイロットの概要発表

パナソニックとトヨタ自動車、住宅領域で新合弁会社の設立へ

パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀一宏)とトヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田 章男)は5月9日、東京都港区で会見を開き、街づくり事業に関する新合弁会社の設立に向けた契約締結を発表した。(坂上 賢治)

続きを読む パナソニックとトヨタ自動車、住宅領域で新合弁会社の設立へ

トヨタ自動車、日本企業初の売上高30兆円に到達

トヨタ連結売上高。政府国家予算の3割に達するレベルとなったのだが、持ち前の企業存続の懸念あらわ。トヨタらしらを失わず

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田 章男)は5月8日、千代田区の同社東京本社にて2019年3月期決算を発表した。それによると同期の連結売上高は、前期比2.9%増の30兆2256億円に到達し、日本国内企業で初めて30兆円の大台に乗った。(坂上 賢治)

続きを読む トヨタ自動車、日本企業初の売上高30兆円に到達

米TRIのベンチャー基金TAIV、1億ドル規模の新ファンド設立へ

先の1号ファンドに続き、自動運転モビリティやロボティクス関連のベンチャー企業へ投資をさらに継続

人工知能や自動運転・ロボティクスなどの研究開発を行う米TRI(Toyota Research Institute)傘下のベンチャーキャピタルファンド「TAIV(Toyota AI Ventures)」は5月2日、自動運転やロボティクス関連分野に取り組むベンチャー投資基金として新たな2号ファンドを設立すると発表した。

続きを読む 米TRIのベンチャー基金TAIV、1億ドル規模の新ファンド設立へ