オートバックス、新潟県と「災害時における帰宅困難者支援に関する協定」を締結

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社オートバックスセブン(本社:東京都江東区豊洲、代表取締役社長執行役員:湧田節夫、以下、オートバックス)は、大規模災害発生時に帰宅が困難になった方々に対する支援場所として、新潟県内の店舗を開放し、帰宅困難者を支援していく。

大規模災害が発生すると、通勤・通学・買い物などで外出中の場合、公共交通機関が不通となる可能性が高く、多くの人が徒歩で帰宅すると考えられる。

これを踏まえて同社は新潟県と「災害時における帰宅困難者支援に関する協定」を 2016 年 1 月 25 日に締結した。

concluded-autobacs-niigata-prefecture-and-the-agreement-on-the-difficult-assistance-returning-home-in-a-disaster-20160126-2この地域における店舗は、オートバックス、スーパーオートバックス、オートバックスセコハン市場の合計12 店舗(2016 年 1 月 25 日現在)。支援可能な店舗には『災害時帰宅支援ステーションステッカー』を入口横に掲出している。

同社では、外出先から帰宅が困難になる「帰宅困難者」に対して、店舗を災害時帰宅支援ステーションとして利用を促し、水道水の提供、トイレの使用、地図などによる道路情報、ラジオなどで知り得た通行可能な道路に関する情報の提供などを行う協定を各自治体と締結している。

同社では「今後も、お客様から支持・信頼される活動の実践するという当グループ方針に基づき、カー用品、車の買取・販売、車検・整備、板金・塗装など、クルマのことなら何でもご相談いただける店舗を目指します」と述べている。

【帰宅困難者支援に関する協定を締結した自治体等】concluded-autobacs-niigata-prefecture-and-the-agreement-on-the-difficult-assistance-returning-home-in-a-disaster-20160126-1