HERE、自動車の実走行データ収集から交通情報サービスを世界初提供へ

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界初、複数の自動車メーカー から、豊富な車両センサーのライブデータを収集し、高度な「Real-Time Traffic」を提供

地図・位置情報サービス提供会社のHERE Technologies (ヒア、本社:オランダ・アムステルダム、社長:Edzard Overbeek、以下、「HERE」)は7月26日、オランダアムステルダムに於いて、いよいよ次世代の交通情報サービスである「HERE Real-Time Traffic」のサービス提供開始を発表した。

このサービスの具体的内容は、同社の親会社にあたるアウディ、BMW、メルセデス・ベンツなどの実走行車両から、ライブで車両センサーデータと交通プローブ情報を収集。

これを介して、高確度かつ高精度な交通状況情報を提供するという自動車業界に於いても、世界初のサービス実施となるもの。

同社によると、この『HERE Real-Time Traffic』は、立ち上げ当初より60ヵ国以上の地域で実利用可能なサービスとしており、特に幹線道路の交通量データを正確に把握し、リアルタイムにトラフィック状況を刻一刻と改善していくことが可能になると云う。

特に先の60ヵ国のうちでも30ヵ国以上の地域では、「交通安全警告」などのインシデント情報機能も併せて提供する。

また個々の車両が、急ブレーキを行った場合、それらの自動車の制動情報から、ドライバー周辺の全車両状況を、適切なタイミングでタイムリーに伝えていく。

これらのサービス開始にあたって、HERE Technologiesのオートモーティブ事業部・上席副社長のProf Dr. ラルフ・ヘートヴィッヒ氏(Ralf Herrtwich)は、「HERE Real-Time Trafficは、競合する自動車メーカー各社から、車両センサーのライブデータを収集する世界初の交通情報サービスです。

これは、渋滞箇所や非渋滞の場所等に関わらず、あらゆる場所に於いて人々がより安全で、より効率性を高めるためにHEREが自ら、成し遂げた記念すべき第一歩です。

また同サービスは、当社が提供する情報に基づき、個々のドライバーが、より安全な運転判断に我々の提供情報を活かして行くだけに留まりません。

先進運転支援システム(ADAS)と、自動運転アプリケーションを利用するの両方の車両に、必要かつ適切な道路・周辺環境状況を、刻一刻と変化するライブデータとして配信・提示していきます。

つまり、このサービスは、私たちが目指す完全自動運転車の実現に向けて、そのビジョンに限りなく近づくことにつながっていくのです。

私たちは、これまでも数々の実証実験を通して、HERE Real-Time Trafficの安定した基盤拡充に向け、すでに日々何十億ものGPSのデータと走行車両の情報を収集してきました。

そして今日、既に一部の商用車から入手してきた100種類以上のプローブ情報及び、インシデント情報のソースを既に、収集・活用しています。

そして今回、これらに加えてアウディ、BMW及びメルセデス・ベンツブランドの何百万台もの車両から、実走行データの収集も開始されることになります。

2018年以降には、更なる収集車両のボリューム拡大を果たし、これら膨大な車両データをとりまとめて、真の『ビッグデータ』として活用していくことになります。

またHERE Real-Time Trafficは、個々にステアリングを握る多様なドライバー達へ向けて、適切な交通情報を提供すると同時に、車両自体のADASアプリケーションから、データ取り込むことも可能になります。

今後こうした走行サービスは、配車サービス会社、都市、道路交通機関、物流会社、および大気環境分析専門家によって、幅広く利用されていくことになります。

なお今回進化した『HERE Real-Time Traffic』は、HEREが昨年の秋に発表した商業利用を目指した4つの車両データサービスのなかの第一弾にあたります。

HEREは、これらのサービスがADASや、のちの自動運転のソリューション導入時に、幅広く自動車産業をサポートする存在になることを目指して行きます」と結んでいる。

np.com.ua

Этот авторитетный портал , он описывает в статьях про изготовление магнитов https://imagmagnetsns.ua