日野自動車、物流業界の課題解決を図る新会社を設立

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

日野自動車株式会社(本社:東京都日野市、社長:下 義生)は、ドライバー不足や積載率の低下など、交々な障壁に直面している物流業界の課題解決を図る次世代物流の姿を提案する新会社「NEXT Logistics Japan株式会社」を6月1日に設立した。

日野は、これまで商用車メーカーとして、輸送事業社に高付加価値を提供していくためトラック・バスのみならず、物流事業全域を踏まえたトータルサポートの提供に努めてきた。

しかし物流業界を取り巻く環境はより厳しさを増しており、このためこれまでの知見や蓄積してきた技術を活かしつつ、物流業界の抜本的な変革を求めて新会社を設立。新しい物流のかたちをより積極的に模索していく。

その課題の骨子は、ドライバー・車両・荷物情報の3つの情報を高度に活用した物流環境の実現にあり、隊列走行やロードトレインによる高効率大量輸送の実現の他、自動運転による高度な輸送環境の進展を目指して、輸送社会の新たな価値創造を目指していく。

<新会社の概要>
社名 :NEXT Logistics Japan株式会社
所在地 :東京都新宿区西新宿一丁目26番2号 新宿野村ビル
資本金 :40百万円(日野自動車100%)
設立 :2018年6月1日
代表者 :梅村 幸生(日野)