ホンダ、青山本社でスーパーカブ60周年記念イベント

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘)は8月1日の水曜日、東京・青山本社1階のウエルカムプラザ青山で、「スーパーカブと素晴らしき仲間たち」と題したスーパーカブ誕生60周年の記念イベントとして、スペシャルトークショーを開催した。

当日、多くの来場者を集めた館内には、日本の高度経済成長期真っ只中の1958年に誕生した「初代スーパーカブC100」と一緒に、様々な工業製品や建築物・食品やサービスなど、同じ年に誕生した言わば「スーパーカブの同級生達」を紹介または展示。

イベントではオープニングセレモニーを皮切りに、ホンダモーターサイクルジャパン代表取締役社長の加藤千明氏より、これまで世界中で愛されてきたスーパーカブの60年間の沿革が説明された。

その後、アジェンダはトークショーに移り、元ホンダワークスライダーの宮城光氏を司会役に、これまで工業製品の技術書や歴史書に携わってきた三樹書房代表の小林謙一氏の他、本田技術研究所 二輪R&Dセンターデザイン開発室長の川和聡氏などが登壇。

今も変わらぬベストセラー商品である「チキンラーメン」や「スバル360」など当時の生活の一部となった商品やサービスに関する懐かしい話題を糧に、製品コンセプトや個々の製品の姿形から分かるモノ造りに賭けた挑戦者達の想いなど語られ、さらにスーパーカブが誕生したその時代のリアルな社会的背景なども話し合われた。

そしてイベントの最後には、長く愛されるものには「だれかの役に立ちたい」、「いいものを作りたい」という想いが込められているとし、今後60年、100年と何年間にも亘って人々の役に立ち、思い出に残るような製品を、これからも日本から発信することについての重要性が示唆されてトークショーの幕が閉じられた。

なおこのイベントに併せて、青色ベースでシートが赤色の初代C100のカラーリングや造形を踏襲した「スーパーカブ C125」が展示されている他、還暦を迎えたスーパーカブの特別モデル「スーパーカブ・60周年アニバーサリー」も館内に於いて披露されている。この製品展示は、8月1日(水)~24日(金)の期間で継続される予定となっている。

<「スーパーカブと素晴らしき仲間たち」展>
展示期間:2018年8月1日(水)~8月10日(金)及び、8月20日(月)~8月24日(金) ※但し上記外の8月11日~8月19日の期間についてはホンダウェルカムプラザ青山は休館する。
展示予定車:初代スーパーカブC100と現行のスーパーカブをはじめとしたスーパーカブシリーズと共に、60周年を迎えた新旧商品が展示される。