ホンダ、上海モーターショーで中国専用EV第2弾を世界初公開

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘)の中国現地法人・本田技研工業(中国)投資有限公司(本社:北京 総経理:水野泰秀)は現地時間2019年4月16日11時30分(日本時間:12時30分)に中国・上海で開催された2019年上海モーターショー(第18回上海国際自動車工業展覧会 プレスデー:4月16日~17日 一般公開日:4月18日~25日)で中国専用電気自動車(EV)のコンセプトカー「X-NV CONCEPT(エックスエヌブイ コンセプト)」を世界初公開した。

このX-NV コンセプトは、本田技研科技(中国)有限公司(総経理:水野泰秀)と東風本田汽車有限公司(総経理:夏目達也 以下、東風ホンダ)との共同開発により、東風ホンダとして中国市場に投入する初の量産EVのコンセプトモデルで、2019年後半の発売を予定している。

またブースでは、4月末に広汽本田汽車有限公司(総経理:佐藤利彦 以下、広汽ホンダ)より中国で発売予定の「ODYSSEY HYBRID(オデッセイ ハイブリッド)」を初公開した他、中国では第2世代となる「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を体験できるブースなども出展した。

ホンダは、昨年「2025年までに中国市場へ20機種以上の電動化モデルを投入する」という中国における電動化の中期ビジョンを掲げ、広汽ホンダより昨年発表した中国専用電気自動車「理念 VE-1」を始めとして、2020年以降にはプラグインハイブリッド搭載モデルの投入を予定している。