CVTのジヤトコ、ソウルモーターショー2017に出展

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジヤトコ株式会社(社長:中塚晃章、本社:静岡県富士市、資本金:299億3,530万円)は、3月31日(プレスデー:3月30日)から4月9日まで、韓国国際展示場で開催される「ソウルモーターショー2017」に出展する。

同社は、CVT(Continuously Variable Transmission:無段変速機)で国際シェアを持つ。このCVTは一般的な自動変速機に比べ、多くの場面でエンジンの燃費効率の高い領域を常時使用して変速することができるため、韓国市場に於いても、日産・ルノーサムスン・GMコリアなどの自動車メーカーから支持を得ている。

その事業成績は、オートマチックトランスミッションの専門メーカーとして、特にCVTの分野で軽自動車用から3.5リッタークラス車用までのフルラインナップを揃えることから、2016年の全世界CVT生産台数シェアは業界トップの37%となっている。

今回、当地に於けるジヤトコブースでは、「Jatco CVT8」を始めとした「Jatco CVT7 W/R(Wide Range)」「Jatco CVT7」「Jatco CVT8 HYBRID」などCVT主要ラインナップの他、VR(バーチャルリアリティ)技術によりCVT走行を体験できるCVTバーチャルドライビングコーナーを設置。

エンジンやモーターからの動力を最適な制御で伝達し、クルマの動力性能や燃費性能の実現に重要な役割を果たすCVTの走りを体験できる環境を構築した。

ブースイメージ (ブース位置:P-25)
出展概要:
1) 中・大型FF車用「Jatco CVT8」(カットモデル)
2) 中・大型FF車用「Jatco CVT8 HYBRID」(カットモデル)
3) 小型FF車用「Jatco CVT7 W/R」(カットモデル)
4) 小型FF車用「Jatco CVT7」(カットモデル)
5) CVTバーチャルドライビング(VR体験コーナー)
6) CVT作動原理モデル

なお韓国におけるジヤトコの事業は、1998年にジヤトコ韓国エンジニアリング社(JKE)をソウルに設立。

続いて2004年にはジヤトコ韓国サービス社(JKS)を設立し、現在はこの2社の290名の技術者と営業担当者が、メキシコ、中国、タイの製造拠点、ならびに米国、フランスの研究開発拠点等、世界各国のジヤトコグループに研究開発、営業支援の業務を提供している。