神戸製鋼所、東南アジア・南アジア地域で統括会社を設立

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社神戸製鋼所(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:川崎博也、以下、コベルコ)は7月27日、東南アジアおよび南アジア地域における統括会社として、タイにKobelco South East Asia Ltd.(以下、KSEA)を設立し、8月より業務を開始する。

米国・中国の海外統括会社に加え、今回新たに設立したKSEAを基点とする。これら当該地域におけるコーポレートガバナンスや、コンプライアンスをはじめとした経営管理の強化。さらにグループ内の連携、資金管理の一元化による事業効率化などを一層進めていく構え。

同社グループは、1960年代から東南アジアおよび南アジア地域への事業進出を進め、素材系事業、機械系事業を中心に現在では6カ国・30社(連結・持分)にて事業展開してきた。

近年では、2016年2月に鉄鋼事業部門で線材の圧延・販売に関する合弁会社をタイに設立するなど事業展開を加速させている。

これら当該地域の言語・商習慣・法律は、多様であることに加えて、事業活動に伴うリスクは複雑化・多様化していることから、これらに効率的に対応するための統括機能が必要とされていた。

その様な中、同社はグループの拠点数が最も多く、地理的に利便性が優れるタイに、東南アジアおよび南アジア地域の統括会社としてKSEAを設立した。

今後、KSEAを基点として、経営管理の強化を図ると共に、グループ会社のサポート、人材交流などグループ内の連携、事業効率化を推進し、当該地域における事業成長を目指して行くとしている。

【同社の海外統括会社】
会社名:Kobe Steel USA Inc.
国:米国
設立年:1988年

会社名:神鋼投資有限公司
国:中国
設立年:2011年

会社名:Kobelco South East Asia Ltd.
国:タイ
設立年:2017年

Kobelco South East Asia Ltd.(KSEA)の概要
所在地:タイ バンコク
資本構成:神戸製鋼所100%出資
従業員数:9名
資本金:10百万バーツ
設立:2017年6月(業務開始:2017年8月)
代表者:常務執行役員 勝川 四志彦

東南アジアおよび南アジア地域におけるグループ会社数(連結・持分)は以下の通り

国名/会社数
– タイ/8
– シンガポール/7
– マレーシア/5
– ベトナム/2
– インドネシア/1
– インド/7
計:6ヶ国/30社