国土交通省、高速道路からの一時退出を可能とする「賢い料金」の試行実施。全国3箇所で道の駅を利用

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本国内の高速道路は、休憩施設同士の間隔がおおむね25km以上離れている空白区間が約100区間存在している。そこで国土交通省は平成29年2月7日、高速道路ネットワークを賢く使う取組の一環として、「休憩施設の不足に対応」し、「良好な運転環境を実現する」ため、全国3箇所の道の駅を利用して高速道路からの一時退出を可能とする「賢い料金」の試行を行う。
なお同省では今後、空白区間を半減することを目指し、実施状況を踏まえて、追加選定を行う予定としている。


<実験概要>
1. 内容:
ETC2.0搭載車を対象に、高速道路を降りて道の駅に立ち寄り後、一定の時間内に再進入した場合には、降りずに利用した料金のままとする(ターミナルチャージ<※1>での再徴収を行わず、長距離逓減<ていげん・※2>等も継続)
※1 利用1回当たりの料金
※2 一定距離以上を連続して利用した場合の料金割引措置

2. 実施箇所:
– 道の駅玉村宿・たまむらじゅく(群馬県佐波さわ郡)
– 道の駅もっくる新城・しんしろ(愛知県新城市)
– 道の駅ソレーネ周南・しゅうなん(山口県周南市)

3.実施内容と目的
○ETC2.0搭載車を対象として、高速道路外の休憩施設等への一時退出を可能とする実験を3箇所で実施。
○今後、全国の高速道路で休憩施設の間隔が概ね25km以上ある約100区間について、半減することを目指す。
○これにより、休憩施設等の不足を解消し、良好な運転環境を実現するとともに地域の活性化を図る。

各実施地域について
道の駅玉村宿(群馬県佐波さわ郡)
関越自動車道の高崎玉村スマートICに近接する道の駅「玉村宿」は、道路情報の提供やEV充電器の他、木のぬくもりを感じられる施設で地元の特産品やグルメが楽しめる休憩施設となっておりSAと同等の機能を有する。

道の駅もっくる新城(愛知県新城市)
新東名高速道路の新城ICに近接する道の駅「もっくる新城」は、休憩施設(足湯)や道路情報の提供、地域の食材を活かした飲食メニューの提供などSAと同等の機能を有する。

道の駅ソレーネ周南(山口県周南市)
山陽自動車道の徳山西ICに近接する道の駅「ソレーネ周南」は、重点「道の駅」に指定されており、道路情報の提供や、24時間営業の直営物販店等の併設、休憩機能などSAと同等の機能を有する。