三菱自動車、2015年ロサンゼルスオートショー出品概要

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

mitsubishi-motors-and-exhibited-at-the-automotive-technology-exhibition20150519-3-min

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼COO:相川哲郎、以下、三菱自動車)の米国子会社MMNA(Mitsubishi Motors North America, Inc)は、米国LA時間11月18日(水)に米国カリフォルニア州ロサンゼルスにて開催される「2015年ロサンゼルスオートショー」において、フロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用した2016年型『アウトランダースポーツ』(日本名:『RVR』)と、外観・装備を大幅に改良した2017年型『ミラージュ』を世界初公開した。

mitsubishi-motors-2015-los-angeles-auto-show-exhibition-overview20151119-2

2016年型『アウトランダースポーツ』は、「人とクルマを守る」機能を表現した三菱自動車の新しいフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用しフロントフェイスを一新している。

その他にも、新しいデザインのステアリングホイール、6.1インチディスプレイオーディオ、高品質シート生地、新しいデザインの18インチアルミホイール等を新たに採用した。

一方2017年型『ミラージュ』は、エクステリアを空力に優れるスポーティーなデザインに変更し、機能とデザインを融合させた。

mitsubishi-motors-2015-los-angeles-auto-show-exhibition-overview20151119-1

インテリアでは、新しいシート生地、コンビネーションメーター、ステアリングホイールを採用し、質感を向上させたほか、米国で販売する三菱車としては初めて、Android Auto™*1、Apple CarPlay*2に対応した車載ディスプレイオーディオを採用している。

その他、安定性を向上させるためにフロント剛性を高めつつ、バネ比とショックアブソーバーの減衰力の最適化により、ハンドリングを向上させている。

*1:Android Autoは、Google Inc.の商標。
*2:Apple CarPlayは、米国およびその他の国で登録されたApple Inc.の商標。