新東名高速道路に新しいSA・PAが誕生

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

new-sa-·-pa-is-born-in-new-tomei-expressway20151120-1

NEOPASA岡崎(集約)& 長篠設楽原PA(上下) 

NEXCO中日本(中日本高速道路株式会社・本社:名古屋市中区錦2-18-19代表取締役社長CEO:宮池 克人)のグループ会社である中日本エクシス株式会社は、2016年2月中の開通を目指す新東名高速道路(浜松いなさJCT~豊田東JCT)にNEOPASA岡崎(ネオパーサおかざき)(集約)、長篠設楽原(ながしのしたらがはら)PA(上下)をオープンさせる。

new-sa-·-pa-is-born-in-new-tomei-expressway20151120-3

東海三県で最大規模となるNEOPASA岡崎は、上下線集約型である特徴を活かし、上下線それぞれにコンセプトを設定し、同じ商業施設でありながら、行きと帰りで趣きが全く異なる2つのコンセプトを共存させた初めてのサービスエリアとなる。

new-sa-·-pa-is-born-in-new-tomei-expressway20151120-2

名古屋めしを代表する味噌かつの名店「矢場とん」や、食パンがギネス世界記録に認定された地元で人気のベーカリー「パンのトラ」が高速道路初出店となるなど、計15店舗が出店。

さらに、岡崎伝統の石工技術を活かした道標型案内標識・八丁味噌桶モニュメント・テーブルを設置するなど、三河地方の味と文化が詰まったサービスエリアとなる予定だ。

長篠設楽原PAは、「長篠・設楽原の戦い」をコンセプトに、本陣に見立てた建物外観に加え、歴史的観光資源を活かした火縄銃の展示や馬防柵を再現した戦国エリアとなる見込み。