東レ、メキシコに自動車用エアバッグ基布の新工場を開所

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:日覺昭廣)傘下の自動車エアバッグ用ナイロン繊維・エアバッグ基布の製造販売子会社であるトーレ・アドバンスド・テキスタイル・メキシコ(Toray Advanced Textile Mexico, S.A.de C.V.、所在地:メキシコ合衆国ハリスコ州エルサルト、社長:赤澤潔、以下TAMX)は1月23日、新工場の開所式を執り行った。

開所式には、メキシコ連邦政府 グアハルド経済大臣(代理出席:マサディエゴ通商局長)、メキシコハリスコ州 サンドバル州知事、在メキシコ日本国大使館 高瀬特命全権大使、伯耆田(ほうきだ)総領事など、約100名の出席を募っての開催となった。

新工場は、東レグループとしては初となる、自動車エアバッグ用ナイロン繊維からエアバッグ基布までの一貫生産工場。米州を中心とした生産拠点となる。

今回の拠点の開設により、東レグループ全体のエアバッグ用繊維の生産は3か所、エアバッグ基布の生産は6か所となり、原糸から基布まで、アジア、欧州、米州の世界のすべての地域をカバーするグローバルな一貫生産体制が完成した。

昨今メキシコは、広範な自由貿易網や米国と隣接する地理的優位性を活かし、自動車の生産拠点として急成長してきた。

東レグループは2014年のZoltek社の買収を以って、本格的にメキシコに進出し、主に米州向けの拠点として、炭素繊維事業、樹脂事業において積極的な事業展開を進めてきた。

今回のTAMXは、世界有数のエアバッグ市場である米州の需要拡大に対応するために開設した。同社では、このTAMXが加わったことで自社の強みである全ての拠点から同品質のエアバッグ基布をタイムリーに供給できるグローバル生産体制を強固にした。

結果、原糸から基布まで一貫して手掛けることによる開発力を活かした事業拡大を加速し、2020年にはエアバッグ基布で世界シェアナンバーワンを目指す構えだ。

以下は開所式での日覺社長の挨拶要旨となる

東レグループは、「先端材料で世界のトップ企業を目指す」といった志のもとで、グローバルな事業拡大を推進している。

メキシコについては、2014年のZoltek社の買収を以て本格的な進出を果たし、炭素繊維事業の拡大、樹脂事業の展開を行ってきた。

そして、このTAMXの設立により、メキシコへの投資額は、進出以降300百万USD以上の規模となる。

TAMX社は、世界有数のエアバッグ基布市場である米州に原糸・基布の一貫生産体制を構築し、旺盛なエアバッグ基布需要の取り込みを図ることを目指して設置した。

今回TAMX社が加わったことにより、東レグループ全体のエアバッグ用ナイロン繊維生産拠点は、日本・タイ・メキシコの3か所、エアバッグ基布の生産拠点は、日本・タイ・中国・チェコ・インド・メキシコの6か所となった。

これにより、原糸から基布までアジア、欧州、米州の世界の全て地域をカバーするグローバルな一貫生産体制が完成したことになる。

東レグループのエアバッグ関連拠点

当社のエアバッグ事業の強みは、世界の全ての生産拠点から同品質のエアバッグ基布をタイムリーに供給できるグローバル生産体制と、原糸から基布まで一貫して手掛けることによる開発力である。これらを活かした事業拡大を加速し、エアバッグ基布で世界シェアナンバーワンを目指す。

TAMX社設立をはじめ、東レグループのメキシコでの事業拡大に関しては、メキシコ政府、ハリスコ州、エルサルト市の大きなバックアップがあってこそであり、お礼を申し上げたい。そして今後の事業拡大継続に関するご支援に関して、改めてお願いをしたい。

東レグループの海外事業展開は、「長期的視点で、その国の産業振興、雇用拡大、輸出拡大、技術水準の向上に寄与すること」を基本方針としている。メキシコの素材産業の発展は、同国の産業構造の高度化に大きな意義があるものと認識している。今後とも、我々はメキシコでの事業拡大を進め、地域社会に貢献していく。

TAMXの概要
(1)本社所在地 メキシコ合衆国ハリスコ州エルサルト
(2)設立 2015年8月
(3)資本金 14.2百万USD
(4)出資比率 東レ株式会社 99.99%
Toray International de Mexico, S.A. de C.V.(TIMX) 0.01%
(5)代表者 赤澤 潔
(6)事業内容 エアバッグ用ナイロン繊維およびエアバッグ基布の製造、販売