パナソニック、米・産業用レーザメーカー「テラダイオード社」の全株式を取得

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイレクトダイオードレーザ技術を取り込み、自動車産業などに於けるレーザ加工事業を強化

パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀一宏、以下、パナソニック)は、産業向け高出力ダイレクトダイオードレーザ(以下、DDL)の世界的サプライヤーであるテラダイオード社(本社:米国マサチューセッツ州、CEO:パービッツ・タエバティ、以下、TDI)の全株式を取得する契約を、2017年1月2日付(米国時間)で締結した。

近年、自動車産業などでは「軽量化」「高剛性化」「デザイン自由度向上」「生産性向上」などを背景に、高精度で高品質なレーザ加工技術への期待が大きく高まっている。

今回、全株式を取得したTDIが保有する波長合成技術を用いた高出力DDLは、これらの要求に応える次世代レーザとして注目されている。

パナソニックとTDIは、このような市場動向にいち早く対応し、2013年に協業を開始した。

2014年には、協業の成果として、TDIの高出力DDLを搭載した世界初のレーザ溶接ロボットシステム「LAPRISS」の販売を開始。

また、同年、パナソニックはTDIよりアジア圏主要国における溶接用DDLの独占販売権を取得し、両社は開発、製造、販売、サービスなど広範な領域で協力し、DDLの普及、促進を図ってきた。

そのような中、パナソニックのレーザ加工事業をこれまで以上に成長させるためには、基幹技術であるTDIのDDL技術、ノウハウの獲得が不可欠との認識に至り、両社で協議を重ねた結果、パナソニックがTDIを完全子会社化することで合意した。

パナソニックとTDIは、今後の成長市場であるレーザ加工分野に於いて、両社一体となってDDL技術のさらなる進化を図ると共に、レーザ加工事業をファクトリーソリューション事業に於ける新たな柱として拡大し、パナソニックのB2B事業の成長を加速させていく構えだ。

【テラダイオード社の会社概要】
社名:TeraDiode, Inc.
代表者(CEO):Parviz Tayebati (パービッツ・タエバティ)
本社所在地:米国 マサチューセッツ州 ウィルミントン
事業内容:一般産業向けレーザの開発、製造、販売
資本金:51.8百万USドル
設立:2009年8月