ルネサス、上海フォルクスワーゲンと共同研究所を設立

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

中国自動車市場へ向け、両社は次世代の車載アプリケーション開発を強化し、自動車市場の拡大を狙う

ルネサス エレクトロニクス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長兼CEO:呉 文精)は6月10日、上海フォルクスワーゲン(本社:中華人民共和国・上海市・安亭、董事長:陳 虹、チェン・ホン)とオートモーティブ・エレクトロニクス共同研究所を設立したことを発表した。

この共同研究所は、中国の自動車市場に向けた次世代のデジタルコクピットや車載制御システムをはじめとする最新の車載用アプリケーションの研究開発を加速するもの。

より具体的には、ルネサスの得意とする高性能マイコン、SoC(System on Chip)に関わるソフトウェアの知見と、上海フォルクスワーゲンの研究開発力を結集する。

そして上海フォルクスワーゲンの次世代車載電子プラットフォーム開発に向けて、ソフトウェアモジュール開発やシステム統合の実現を支援し、中国の自動車市場の要求に応えていく意向としている。

上海フォルクスワーゲンの呉 慶文氏(左)とルネサス執行役員の真岡 朋光氏(右)
上海フォルクスワーゲンの呉 慶文氏(左)とルネサス執行役員の真岡 朋光氏(右)

ルネサスの執行役員やルネサス エレクトロニクス(中国)有限公司の董事長である真岡 朋光氏は「私たちは、中国市場でのビジネスを強化し、自動車の設計にさらなる革新をもたらすため、上海フォルクスワーゲンとお互いの専門分野を組み合わせて協力できることを嬉しく思います。

この共同研究所により、中国の自動車産業のための新しい技術革新を推進し、最先端の技術を追求してまいります」と話している。

一方、上海フォルクスワーゲンのExecutive Directorの呉 慶文氏(ウ・チンウェン)は「共同研究所の新設により、ルネサスと一層、連携を強化できると期待しています。

ボディ制御などの分野に加え、デジタルコックピットやスマートコネクティビティなどの新しい分野での緊密なコラボレーションを通して、私たちは市場をリードするポジションを獲得できるよう、ハードウェアとソフトウェアのプラットフォーム開発を目指します」とコメントして応えた。なお先の通り共同研究所は既に、中国・上海市の安亭に4月15日に設立されている。

ルネサスは2010年に日立製作所、三菱電機、NECからなるルネサスエレクトロニクスが設立。それ以降、自動車メーカーに求め易く高性能や車載マイコンの提供に真摯に応え続けて来た。

そんな同社は目下、車載情報向けシステムLSIで世界シェアの過半近くを保持しており、今後2020年代の幕開けを控え、車載コンピューティングの標準プラットットフォームになる道を今も模索し続けている。