横浜ゴム、チェルシーFCの選手を起用したショートムービーシリーズをSNSでスタート

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜ゴム株式会社(本社:東京都港区新橋、代表取締役社長:野地彦旬、以下、横浜ゴム)は、昨年7月からパートナーシップ契約を開始したバークレイズ・プレミアリーグ「チェルシーFC」の選手を起用したショートムービーシリーズを、2月5日に横浜ゴムのYouTubeチャンネル(※1)および「YOKOHAMA Chelsea FC」のFacebook(※2)、Twitter(※3)においてスタートした。

start-at-yokohama-rubber-short-movie-series-the-sns-was-appointed-player-of-chelsea-fc20160215-4

(※1)< http://www..com/YOKOHAMACFC/ >
(※2)Facebook< http://www..com/YOKOHAMACFC/ >
(※3)Twitter< http://.com/YokohamaCFC >

start-at-yokohama-rubber-short-movie-series-the-sns-was-appointed-player-of-chelsea-fc20160215-2

ショートムービーの内容は、会社紹介アニメーション(※4)と関連付け簡潔に編集しており、プレミアリーグ15/16シーズン終了まで2週間に1本のペースで全8本を公開する予定。

日本語、英語、インドネシア語、タイ語、中国語、ロシア語の6ヶ国語で展開し、世界中のチェルシーファン、サッカーファンが横浜ゴムをより理解し、興味、関心、親しみを持てるよう工夫した。
(※4)< http://www.y-yokohama.com/ourstory/ >

2月5日に公開した第1弾は、ブラジル代表にも選出されているMFウィリアン選手が登場。

start-at-yokohama-rubber-short-movie-series-the-sns-was-appointed-player-of-chelsea-fc20160215-3

練習でフリーキックのシミュレーションを繰り返すことで試合でも決めることができると語り、横浜ゴムが得意とする「流体音響シミュレーション技術」「エアロダイナミクス技術」などのタイヤシミュレーション技術に関連付けている。