ロールス・ロイスの象徴と云える「スピリット・オブ・エクスタシー」 誕生の物語を自らが動画で公開

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ラグジュアリーブランド、ロールス・ロイスによる動画配信シリーズ第一弾は「スピリット・オブ・エクスタシー」の物語

ロールス・ロイス・モーター・カーズ(本社:英ウェスト・サセックス州グッドウッド、CEO:トルステン・ミュラー・エトヴェシュ)は同社として初となる、自らのブランドを紹介するデジタルコンテンツを日本語字幕版で公開した。

そのストーリーは、ロールス・ロイスの象徴である「スピリット・オブ・エクスタシー」 誕生の物語となった。

自らの動画コンテンツ制作にあたり、ナレーションにはアカデミー賞女優、ケイト・ウィンスレットを起用。

今や押しも押されぬ存在となったラグジュアリーブランド「ハウス・オブ・ロールス・ロイス」は、どのようにして世界をリードし、世界で最もリスペクトされるラグジュアリーブランドとなったのかが語られている。なおこの第一弾動画「スピリット・オブ・エクスタシー」編は、https://youtu.be/8236KNRTqgw(日本語字幕版)で公開されている。

英国のラグジュアリーを象徴するロールス・ロイスというブランドを導いてきたミューズ(女神)の物語を、英国出身の女優が語り、世界中の人々の心を捉えてやまないラグジュアリー界の歴史を紹介していく。

なお同社によると、この動画は一年以上続くシリーズ連作の始まりの合図であり、また、あらゆるラグジュアリー製品の基準を塗り替える、新しいロールス・ロイス ファントムが来年の後半に登場することを示唆していると云う。

また、この将来登場する記念すべき新モデルの誕生は、2003年にウエストサセックス州グッドウッドを新たな拠点に再生した、ロールス・ロイスの輝かしい物語の第2章の始まりを告げるものだとも云う。

動画公開にあたりロールス・ロイス・モーター・カーズのトルステン・ミュラーエトヴェシュ代表取締役社長は、「1911年以来、すべてのロールス・ロイスの先端に立つスピリット・オブ・エクスタシーは、あらゆるものの『頂点』を象徴し、大きな影響力を持つ著名人たちを静かに先導してきました。

そこで、この人々をインスパイアする物語をぜひ伝えたいと考えました。

配信にあたってナレーターには拘りました。我々は世界中でスピリット・オブ・エクスタシーにふさわしい声を持つ人を探し求めた結果、英国のウエストサセックスにたどり着きました。

この地は、ともに英国を代表するケイト・ウィンスレットにとってもロールス・ロイスにとっても活動の拠点です。ケイト・ウィンスレットはそのすばらしい才能を発揮してくれました」と、その動画の仕上がりについてコメントした。

同社によると今後この「ハウス・オブ・ロールス・ロイス」の物語は、以降も1年以上にわたって公開する予定と云う。またロールス・ロイスのファンには、次回のエピソードの先行公開に加え、世界中で開催されるロールス・ロイスの特別なプライベートイベントへの参加特典も用意していくとも云う。

その第一弾となった動画の「ロールス・ロイス・モーター・カーズ」によるストーリー展開は以下の通り。

第1章 「スピリット・オブ・エクスタシー」
「ハウス・オブ・ロールス・ロイス」がお届けする最初の動画エピソードである「スピリット・オブ・エクスタシー」は、世界で最も名高い格式のラグジュアリーブランドを105年にわたって導き、輝きを与えてきたミューズの物語です。

彫刻家であり画家でもあるチャールズ・サイクスによって1911年に制作されたスピリット・オブ・エクスタシーは、以来、ロールス・ロイスとその一流のオーナーたちを静かに先導し、その人や関わり合う人の人生における輝かしい場面の数々をともに駆け抜けてきました。

このミューズは歴史の重要な瞬間をその優雅な姿で見届けてきたのです…

このストーリーを核としたクリエイティブの現場では、最初のエピソードで最先端のモーション・キャプチャと3Dスキャン技術を駆使し、ロールス・ロイスの中でも最も魅力ある物語とされるスピリット・オブ・エクスタシーが、世界で最も有名なラグジュアリーの象徴となった理由とその成り立ちを再現した。

この物語は、20世紀初頭、芸術家と発明家、科学者と技術者、貴族とボヘミアンが時には協力し、時には熾烈な競争を繰り広げていた古き良き時代のロンドンから始まる。

それは、リスクを恐れず革新に果敢に取り組み、優れた先見性で成功を手に入れている現代のロールス・ロイスの顧客が進んできた道のりにもよく似ている。

この動画は、1904年にロールス・ロイスが創業し、良いものを知る富裕層に向けて数年をかけて「最高のものを手に入れ、さらに良いものを創造する。」ところから始まる。

霊妙なミューズに導かれ、「世界最高の車」を創り出すためにたゆまぬ努力を続けたロールスとロイスは、その後、世界市場に進出し、その偉大なブランドが現在も基盤とする速度、優美さ、技術、快適さ、職人技の比類ない組み合わせの完成度を高め、揺るぎないものにした。

そして生まれたロールス・ロイス・シルバー・ゴーストは、その完璧さが証明されてはじめてミューズに認められ、そしてそれは象徴的な「スピリット・オブ・エクスタシー」の形となって現れる。

つまり、完璧の頂点を極めたものだけが、先端に「フライング・レディ」を冠することができ、それ以来のロールス・ロイス、そしてこれからもすべてのロールス・ロイスに受け継がれていく。このミューズは、夢想家、先見者、革新者、そして世界を変えるリーダーたちを先導するのである。