トヨタ紡織、「第44回東京モーターショー2015」に出展

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

toyota-boshoku-corporation-and-contributed-donations-to-the-affected-areas-of-typhoon-no-1820151005-1「ヨロコビCREATION」をコンセプトに、移動空間の魅力を提案

トヨタ紡織株式会社(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:石井いしい克よし政まさ)は、10月28日(水)から11月8日(日) ※1に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される、第44回東京モーターショー2015に出展する。

「ヨロコビCREATION」というコンセプトのもと、シートに座り快適を体感する「歓び」、個性を表現する「喜び」など、来場者に様々な「ヨロコビ」の体感を提供していく展示を通して、移動空間の魅力を提案する。

ブース内では、新開発のシート骨格が採用された新型プリウスのシートや、極上の移動空間を体感できるラグジュアリーコンセプトシート、表皮一体発泡工法で乗り心地とデザイン性を高い次元で両立したスポーツシートを展示、併せて独自の精密加工技術による匠の技なども紹介していく。

toyota-boshoku-and-exhibited-at-the-44th-tokyo-motor-show-20151017-1

1.出展場所
東京ビッグサイト 東4・5・6ホール、ブース番号:E6207

2.主な展示製品
トヨタ紡織がつくり出す様々な「ヨロコビ」
(1)快適を体感するヨロコビ
(1−1)Toyota New Global Architecture※2の思想に基づき新開発したシート骨格により、乗り心地を向上した新型プリウスのシート【初出展】
(1−2)表皮一体発泡工法で乗り心地とデザイン性を高い次元で両立し、新型LEXUS 車に搭載されたスポーツシート【初出展】
(1−3)欧州カーメーカーに採用された薄型スポーティーシート

3.上質を味わうヨロコビ
究極のくつろぎ、極上の移動空間を体感できるラグジュアリーコンセプトシート【参考出品】

4.個性を表現するヨロコビ
(4−1)シャア専用オーリスⅡ※3に採用されたオリジナルのTBスポーツシート【初出展】
(4−2)簡単に脱着でき、洗濯が可能な「ウォッシャブルカバーシート」【初出展】

5.匠の技・技術に触れるヨロコビ
コア技術である高精度・高速プレス加工技術を活用した製品
(5−1)ディーゼルエンジンのターボチャージャー用機能部品「ユニソンリング」【初出展】
(5−2)燃料電池関連部品の「セパレーター」、「スタックマニホールド」

6.環境に貢献するヨロコビ
地球環境にやさしい植物由来原料を活用したドアトリム材料

7.その他
(7−1)TBユニファッション株式会社( 本社:愛知県名古屋市 ) 協力のもと、コンパニオンのコスチュームを製作
(7−2)タブレットを使用してシートを自分好みにデコレーションできるイベントを実施

※1 プレスデー:10月28・29日、特別招待日:10月30日、一般公開日:10月30日~11月8日
※2 トヨタ自動車株式会社が、クルマの基本性能や商品力を飛躍的に向上させることを目指し取り組むクルマづくりの構造改革。
※3 株式会社トヨタマーケティングジャパン、株式会社トヨタモデリスタインターナショナルが、新型オーリスをベースにアニメーション「機動戦士ガンダム」とコラボレーションしたカスタマイズカー。