豊田自動織機、東京オートサロン2016初出展。オリジナルコンセプトカー展示へ

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

toyota-industries-and-started-production-of-2-8l-direct-injection-turbo-diesel-engine-1gd-ftv20150623-1-min

株式会社豊田自動織機(本社:愛知県刈谷市、社長:大西 朗、以下、豊田自動織機)は、1月15日(金)から1月17日(日)まで幕張メッセ (千葉市美浜区)で開催される東京オートサロン2016に初出展する。

同社は、トヨタ自動車株式会社より委託を受け、VitzとRAV4を生産している。また「自分達のクルマを自分達の力でもっと魅力的に!」の考え方のもと、顧客ニーズを先取りし、積極的な提案を行うことを指針に「わが社のViRA活動※」なども行っている。※わが社のViRA活動: ViRA活動の名称は、VitzのVi、RAV4のRAの文字を取った造語で、特別仕様車や新しいアイデアを取り入れた車を企画する活動。

toyota-industries-corporation-tokyo-auto-salon-2016-first-exhibition-original-concept-to-car-exhibition20160110-1

toyota-industries-corporation-tokyo-auto-salon-2016-first-exhibition-original-concept-to-car-exhibition20160110-2

今回の初出展にあたっては、「New Drive and Leisure」をテーマに、新たな走りをイメージさせるダイナミックなデザインと、コンパクトなボディーの中にユーティリティーを兼ね備えた当社独自のコンセプトカーを展示していく。

さらに、2015年全日本ラリー選手権のチャンピオン獲得車両『豊田自動織機 Vitz GRMN Turbo ラリーカー』も展示する。

toyota-industries-corporation-tokyo-auto-salon-2016-first-exhibition-original-concept-to-car-exhibition20160110-5

豊田自動織機は、「今後も商品企画力を高め、お客様に喜ばれる車づくりを目指します」と述べている。

なお出展製品は以下の通りとなる。

オリジナルコンセプトカー
クーペの持つスペシャリティ感と走りをイメージするスタイリングに、SUVのダイナミックさ・使い勝手を付与し、アクティブなアッパーエイジのパートナーとしての理想を素直に表現した。新しい走りとレジャーの方向性を提案する。

豊田自動織機 Vitz GRMN Turbo ラリーカー
2013年9月に200台限定発売された「Vitz GRMN Turbo」をチューニングしたラリーカー。本格的スポーツモデルが競う全日本ラリー選手権JN5クラス(排気量1500cc~3000cc)において、路面や天候を選ばないバランスの良い操縦特性を最大の武器にして、2015年の年間チャンピオンを獲得した。