トヨタ、「第42回 国際福祉機器展」に最新のウェルキャブシリーズで参加

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

新型シエンタの車いす仕様車や助手席回転チルトシート車を展示

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、社長:豊田章男、以下、トヨタ自動車)は、10月7日(水)から10月9日(金)までの3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される、アジア最大規模の福祉機器展示会「第42回 国際福祉機器展H.C.R.2015」に、7月に発売された新型シエンタの「車いす仕様車」、12月下旬発売予定の「助手席回転チルトシート車」をはじめ、「普通のクルマ化」をキーワードに開発した最新のウェルキャブ(福祉車両)や新たに設定された「フレンドリー用品」を装着した車など合計9台を出展する。

toyota-participated-in-the-latest-of-the-well-cab-series-in-the-42nd-international-home-care-rehabilitation-exhibition20150926-2
新型シエンタ 車いす仕様車タイプⅠ(助手席側セカンドシート付)

新型シエンタの「車いす仕様車」は、コンパクトサイズでありながら「リクライニング車いす」の乗車も可能となり、また、スロープ前倒れ機能を搭載することで、バックドアからの荷物の出し入れが容易となった。

toyota-participated-in-the-latest-of-the-well-cab-series-in-the-42nd-international-home-care-rehabilitation-exhibition20150926-3
新型ポルテ 助手席回転チルトシート車 Bタイプ

「助手席回転チルトシート車」は、座面の前側を下げることで乗降性を向上するとともに、乗降に必要なスペースを縮小し、駐車場での乗り降りを容易としただけでなく、ベース車と同等の乗り心地を追求した。

toyota-participated-in-the-latest-of-the-well-cab-series-in-the-42nd-international-home-care-rehabilitation-exhibition20150926-4
フレンドリー用品 アシストグリップ(ヘッドレスト取付タイプ)

toyota-participated-in-the-latest-of-the-well-cab-series-in-the-42nd-international-home-care-rehabilitation-exhibition20150926-5

「フレンドリー用品」は、アシストグリップやサイドサポートパッドなど乗降時や乗車中の姿勢保持をサポートする販売店装着オプションで、新型シエンタから設定された。

トヨタブースでは、「お客様の福祉車両に求める多様なニーズに合わせたラインナップを取りそろえ、機能紹介にとどまらずウェルキャブで生まれる豊かなライフスタイルの提案を通して、ウェルキャブやフレンドリー用品をより身近な存在に感じていただける展示を行う」と述べている。
toyota-participated-in-the-latest-of-the-well-cab-series-in-the-42nd-international-home-care-rehabilitation-exhibition20150926-6