トヨタ、新型ハイランダーを米NYオートショーで世界初披露

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田 章男)は、4月17日から開催の米ニューヨーク国際オートショーで、ミッドサイズSUV「ハイランダー」の新型モデル(米国仕様)を世界初披露する。

米国で生産・販売していく新型ハイランダーは、ガソリンモデルが2019年12月。ハイブリッドモデルは2020年2月から販売を開始される予定。その後、順次、海外市場に投入していく構え。

ハイランダーの初代モデルは、市街地走行や多人数乗車にも適したミッドサイズSUVとして、日本名の「クルーガー」を2001年に米国で販売を開始。

以来3代にわたり走行性能や、3列シート採用をはじめとする居住性などで改良を重ね、2018年には北米・中国・豪州・ロシアを中心に世界で年間約39万台を販売。

初代からの通算で累計販売台数が約385万台に達するなど、3列シートSUVの世界モデルとして成長を続けてきた。新型モデルではさらに海外での販売国・地域を拡充していくという。

今モデルで4代目を迎えたハイランダーは、取り回しの良いボディサイズを維持しつつ居住性や荷室空間を拡大。インテリアを上質感のある空間へと進化させた。またToyota New Global Architecture(TNGA)のプラットフォームやパワートレーンの採用により燃費性能も高めた。

この新型ハイランダーを生産する米インディアナ工場では、需要の高まりを受け、約6億ドルを投じて、工場全体の刷新に乗じて生産能力を年間4万台にまで拡大させていく予定だとしている。