ヤマハ発動機、ヒト型自律ライダーロボット「Motobot」のサーキット疾走計画を本格始動

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマハ発動機、CES2016でSRIとサーキット走行実現に向けた「Motobot」の共同開発合意を発表

ヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市、社長:柳弘之、以下、ヤマハ発動機)は、ヒト型自律ライディングロボット「Motobot(モトボット)」開発の第2フェーズ始動に伴い、現在のパートナーである「SRIインターナショナル(以下 SRI)」と、引き続き、共同開発を行っていくことで合意した。

yamaha-motor-circuit-sprint-planning-the-start-of-the-humanoid-autonomous-robot-rider-motobot20160109-2

1月8日(現地時間)には、現在、米国ネバダ州ラスベガスで開催中であるコンシューマ・エレクトロニクス分野の世界最大の見本市「Consumer Electronics Show(CES)」において、ヤマハ発動機とSRI両担当者によるMotobot開発のプレゼンテーションを実施した。

yamaha-motor-circuit-sprint-planning-the-start-of-the-humanoid-autonomous-robot-rider-motobot20160109-3 yamaha-motor-circuit-sprint-planning-the-start-of-the-humanoid-autonomous-robot-rider-motobot20160109-8yamaha-motor-circuit-sprint-planning-the-start-of-the-humanoid-autonomous-robot-rider-motobot20160109-4

Motobotは、車両に改造を加えずに二輪車の自律運転を実現するヒト型自律ライディングロボットで、2015年の第44回東京モーターショーに出展して話題となった。

2017年には、時速200kmを超えるサーキット走行を目指している。これを踏まえ、自律走行を実現した第1フェーズに続き、第2フェーズではサーキット走行の実現に向けた基盤技術の開発を進めていく。

yamaha-motor-circuit-sprint-planning-the-start-of-the-humanoid-autonomous-robot-rider-motobot20160109-7

また、これらの高い目標にチャレンジする過程で獲得できる高度な技術を、将来の先進技術やライダー支援システムなどへ応用するほか、新規ビジネス開拓に繋げていく構えだ。

ちなみにMotobot開発は、オープンイノベーション型のプロジェクトとして進めており、世界を主導する研究・技術開発機関であるSRIは、ユニークかつ高い目標にチャレンジする当プロジェクトにふさわしいパートナーと位置付けている。